広上/コロンバス響 チャイコフスキー 交響曲第5番ほか

聴いている音楽
07 /08 2016


今週は北海道の夏らしい日が多かったです。朝は少しひんやり、日中はからっと25度前後の陽気。出勤スタイルはクールビズですが、まだ長袖です。来週は25度超えも多くなる予報なので、いよいよ半袖通勤になるかもしれないですね。

さて、音楽はこちら。

■ チャイコフスキー

 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
 交響曲第5番 ホ短調 作品64

 指揮:広上淳一
 コロンバス交響楽団

(DENON・2008年ライヴ録音)

コロンバスという地名ははじめて知りましたが、オハイオ州の州都だそうです。アメリカの州の州都はたいてい地味な都市に置かれることがあって知らないところが多いです。地図で見ると北東のクリーヴランドと南西のシンシナティ(どちらも優秀なオーケストラがありますね)のちょうど中間に位置しているようです。

コロンバス響は広上さんがアメリカで初めて得たポストだということですが、楽団の経営問題で楽団員側に立ち理事者側と対立したのが原因で解任されたとのこと。

録音を聴く限り(録音がイマイチなのですが)、変わったことや威力を誇示するようなところはなく、細部まで丁寧、かつ、盛り上がりのツボを押さえた息もぴったりのいい演奏。広上さんがにっこり微笑ながら指揮する姿を想像しながら楽しんでおりました。

それだけに両者の関係が続いていれば・・・と思ってしまいました。残念。

スポンサーサイト