スラットキン/フランス国立リヨン管弦楽団 札幌公演

コンサート(海外オケ)
06 /24 2016
DSC_1539201602111939.jpg
■フランス国立リヨン管弦楽団札幌公演

 ラヴェル スペイン狂詩曲
 ラヴェル 高雅で感傷的なワルツ
 ラヴェル 「ダフニスとクロエ」第2組曲
 ムソルグスキー(ラヴェル/スラットキン編曲)
      組曲「展覧会の絵」

 指揮:レナード・スラットキン

 2016年6月23日(木)19:00~
 札幌コンサートホールkitara

フランス第3の都市リヨンのオーケストラを聴いてきました。

素敵なコンサートでした。すごく良かった!。

ざっくり感想を書くと「ダフニス」の「夜明け」、展覧会の絵の「キエフの大門」での軽やかで澄んだハーモニーがとりわけ素敵でしたね。低音を強調しすぎない上品な音を出す楽団かなと感じました。

さすが管の国だけあって「スペイン狂詩曲」のイングリッシュホルンや「ダフニス」のパントマイムでのフルートはエレガントでしたし、展覧会の絵のトランペットも太くて柔らかい品のある音でした。

それから今回の聴きものは展覧会の絵の編曲。ラヴェルのをベースとしてところどころスラットキンさんの編曲も交えるようなスタイルでした。「ビドロ」のユーフォニウムにホルン4本を重ねたり、ラヴェル編曲版にはない「サムエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ」のあとの第5プロムナードがスラットキンさん自身の編曲で復活していてなかなか面白かったです。

アンコールは2曲。オッフェンバックの「ホフマンの舟歌」とスラットキンさんの作で「ツイスト・カンカン」が演奏されました。前者はとにかく美しい・・・ずっと浸っていたい、そんな美しさでしたし、後者は楽しくて、おしゃれ。にくい選曲です。

スラットキンさんはさっと登場して、挨拶、ぱっとタクトを振り下ろす。演奏後も妙に芸術家ぶらずにさっと観客の方を向きお辞儀、管楽器のソロ奏者の紹介も、テンポよくぱっぱと進めて、全員立たせて拍手を受け、颯爽と舞台袖に引き返す。粋です。

すごくいいコンサートだったのに客入りがイマイチだったのが残念。

演奏会が終わった21時の気温は19度。音楽の余韻に浸りながら歩くには実に気持ちのいい初夏の夜でした。

スポンサーサイト

ジュリーニ/BPO マーラー 交響曲「大地の歌」

聴いている音楽
06 /19 2016
音楽評論家の宇野功芳氏が亡くなられたのですね。昨日知りました。。。

ストレートな物言いの氏の著書には魅せられました。ご冥福をお祈りいたします。

さて、聴いている音楽はその宇野氏にはさっぱり評価されなかったカルロ・マリア・ジュリーニのマーラーです。

ベルリン・フィル、ブリギッテ・ファスベンダー(A)、フランシスコ・アライサ(T)の独唱による「大地の歌」。84年DGの録音です。

一言でいうとオーケストラが上手いですね。さすがです。第1楽章でのアンサンブルの確かさ、第3楽章での各楽器の浮き立たせ方、そして第6楽章での各楽器、特に木管楽器の魅惑的な響きなんかも気に入りました。

テンポは想像に反して全くの普通だと感じました。

歌付きのこの曲ですが、自分の聴き方としては、結局のところ歌は聴いていないのかもしれません。聴いていたとしても第1楽章ぐらいでしょうか(笑)。厭世的であったり、オリエンタルであったりする曲全体の雰囲気や、第1楽章や第6楽章(特に中間部にあるオーケストラだけの長い間奏部分!)のオーケストレーションを楽しんでいるようです。

そうそう、大地の歌と出会ったのも宇野氏の著書を読んだのがきっかけでした。

ロト/レ・シエクル ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」

聴いている音楽
06 /17 2016


アーノンクールのベートーヴェンと一緒に図書館から借りてきたのですが、なかなか聴けないうちに返却期限が明日に迫ってしまいました。

フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮、レ・シエクルによる演奏。初演からちょうど100年にあたる2013年のライブ録音のようです。

解説書によると若干ロト氏自身の判断もあるようですが、初演の版と初演時の楽器による演奏だそうです。

一聴して劇的に違うという印象は受けませんでしたが、フランス式の管楽器だというその響きは、確かに独特のものが感じられる部分がありましたし、管楽器と弦楽器のバランス、リズム、強弱が普段聴き慣れているものと違うと感じる部分もあったりして、なかなか楽しめました。

ウィキペディアを見ると、この曲はフルート、クラリネット、オーボエ、ファゴットは音域の違うものを入れてそれぞれ5本必要な、いわゆる5管編成ということになるようですが、レ・シエクルは非常にキビキビとしたフットワークのよい演奏でしたし、曲の混然とした面白さはそのままで響きが雑然とした感じもなく好印象です。


札響第590回定期 広上&ベルキン シベリウスのヴァイオリン協奏曲ほか

コンサート(札響)
06 /11 2016
晴れ、気温19度の快適な6月の札幌。マチネで札響定期を聴きに行ってきました。

■ 札幌交響楽団第590回定期演奏会

 シベリウス ヴァイオリン協奏曲*
 ショスタコーヴィチ 交響曲第8番

 指揮:広上淳一
 ヴァイオリン:ボリス・ベルキン*

 2016年6月11日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara


1曲目はシベリウスのヴァイオリン協奏曲。12型2管編成。
ベルキンさんは旧ソ連の出身のようです。太く温かみのある音色で、第3楽章などではじっくりとした進行で細かい音符も丁寧に弾きつつ、次第に熱を帯びていくような雰囲気に会場が包まれたと思います。曲が終わったとたんブラヴォーも多数!。盛り上がりましたね。

休憩後はショスタコーヴィチの第8番。聴くのは2回目。前回は高関さん&札響でした。

弦は16型に拡大。管打楽器はフルート4(ピッコロ持替)、オーボエ2、イングリッシュホルン1、クラリネット2、Esクラリネット1、バスクラリネット1、ファゴット3(コントラファゴット持替)、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバ1、ティンパニ、シンバル、トライアングル、バスドラム、スネアドラム、シロフォン、タムタム、サスペンデッドシンバル、タンブリンという編成。

冒頭からしばらく弦楽器による音楽が続いた後、フルート4本から管楽器も絡みアレグロへ。ティンパニ、バスドラム、スネアドラムの激しい連打と大音量のオーケストラによるクライマックスが続き、それが一瞬で止んだ後のイングリッシュホルンによる哀歌・・・。ショスタコーヴィチは生演奏では振幅の大きさ、圧倒的な迫力で必ず引き込まれます。

その他印象に残ったところ。第3楽章のトランペットソロ。終楽章冒頭のファゴットソロも素敵でした。ファゴット首席の坂口さんには演奏後にブラヴォーが多数かかっていました。

前に聴いた時も思ったのですが、8番は最後、ヴィオラとフルートによる静かな音楽が続いて終わるのですが、すごく感動的。

今回は広上さんの指揮なので期待してホールに向かったのですが、大満足の演奏会でした。痺れました。体全体を使った指揮で繊細な最弱音から最強音までの起伏、表情付けなど自由自在。ホントすごいなぁ・・・。

オーメンズ・オブ・ラブ&宝島

聴いている音楽
06 /08 2016
今更ジローですが(職場の若い人に言っても伝わらなっかった(汗))、吹奏楽出身者としてふれないわけにはいかない真島俊夫氏の死去。

名アレンジャーとしての手腕が発揮されたオーメンズ・オブ・ラブと宝島。シンフォニックかつノリもいいですね。何度も何度もやりましたよ、学生時代に。真夏の定期演奏会・・・泣けてきます。懐かしくて・・・。

youtubeにいい演奏がありました。ちょっと嫌なことがありましたが元気もらいました。

オーメンズ・オブ・ラブ(札幌日大高)
場所は新札幌のサンピアザでしょうかね。。。。


宝島(大阪桐蔭高)
うわぁ、いい演奏!


尾高/札響 ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」

聴いている音楽(札響)
06 /07 2016


昨年買った尾高さんと札響によるベートーヴェン交響曲全集。2011年の札響50周年のシーズンでのツィクルスのライヴ録音です。先日、この9番をラストに1年かけてゆっくり聴き終えました。

 ■ ベートーヴェン
  交響曲第9番ニ短調 Op.125 「合唱付き」

  指揮:尾高 忠明
  札幌交響楽団

  ソプラノ 澤畑恵美
  メゾ・ソプラノ 竹本 節子
  テノール 福井 敬
  バリトン 福島 明也

  札響合唱団/札幌アカデミー合唱団/札幌放送合唱団

  (fontec・2011年)

全9曲を聴き終えてみて感じたのは、名だたる名盤・名演と比べると音の厚みや迫力の面で何歩も譲りますが、アンサンブルは充実していて隅々まできっちり整えられた演奏ではないかということ。

こうした面は特に1,2,4,7番など発揮されていると感じましたが、この9番も全楽章ムラなく仕上がっていて、結構気に入りました。2002年の録音より逞しさも出ていますし、独唱陣も高いレヴェルで拮抗しているようで聴きごたえがありました。

それにしても第9の第3楽章は体が溶けていくように感じるほど美しい・・・。

何十年も聴いているけど飽きが来ないのは不思議ですね。札響の演奏も木管がほどよく前面に出ていて瑞々しいと感じました。尾高さんも満足したんじゃないかな。

ちなみに解説書によると50年でツィクルスを行った指揮者は3人。

1人目は69年から75年まで常任指揮者を務めたペーター・シュヴァルツさんで70年に全曲を演奏したのが最初。2人目は山田一雄さんが89年から92年にかけて2回目を。3人目は尾高さんで2002年と2011年に3回目、4回目のツィクルスを行ったようです。

アーノンクール/CMWのベートーヴェン 交響曲第5番

聴いている音楽
06 /06 2016


ふらっと寄った図書館にあったので聴いてみました。

ニコラウス・アーノンクール指揮、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスによるベートーヴェンの第5シンフォニー。2015年5月のムジークフェラインでのライヴ録音です。

アーノンクールの飽くなき研究成果がぎっしり詰まった演奏で、まことに刺激的。面白かったのは第4楽章。この楽章がら登場するピッコロ、トロンボーン、コントラファゴットは非常に強調されていて、金管の強奏とも相まって、アーノンクール自身が言うような「扉は内側から開け放たれ・・・」のイメージにぴったり。

繰り返し聴くにはちょっと疲れるけど、間違いなく一聴に値する演奏だと思いました。

なお、解説書はアーノンクール自身による楽曲解説、過去のインタビューなどをまとめたもの、主要演奏歴・レコーディングなど30ページを超える読み応えのあるものとなっています。

北海道は先週からの異常低温(最高気温が10度ちょっと!)からも解放され、今日あたりから、また暖かくなってきました^^

選定のようす

聴いている音楽(tp&hr)
06 /04 2016
ロンドン響の首席トランペット奏者、フィリップ・コブ氏による楽器の選定風景。

B&Sはドイツのメーカーなんですね。B♭管のようです。

なかなか面白いです。こういう動画は見たことがなかったので。