広島旅行

雑記
03 /22 2016
たまには音楽以外のことを。

連休に広島に行ってきました。もちろん初・広島です。

広島は美しく快適な街でした。具体的には街にゴミが落ちたりしていないのと、路面電車が発達していて移動が便利だったということ。

飲食店での対応も気持ちが良かったですし、車内に置き忘れた「もみじ饅頭」も広電さんの素早い対応できちんと回収していただくなどサービスも洗練されていました。さすがは国際観光都市です。

広島市内も宮島も外国人観光客が多かったですが、札幌との決定的な違いは欧米の方の割合が圧倒的に高いということかと思います。

思い出写真を何枚かセレクトして貼っておきましょう。

朝の広島の街並み。朝晩は寒かったですが日中はいい陽気。旅行中はずっと好天に恵まれました。


原爆ドーム側から慰霊碑、資料館方向。一般的な見方の逆になるのでしょうか。どこかのお母さんが娘さんにずっとお話ししていました・・・。
DSC_1626201603221831.jpg

札幌出身の芸術家、本郷新(ほんごう・しん)さん作による嵐の中の母子像。札幌の近代美術館の前庭にもあります。広島で是非見たかったものの一つ。
DSC_1628201603212337.jpg

原爆ドームは昼も夜も見に行きました。
ライトアップされて闇に浮かぶ姿は一瞬ぎょっとしますが、やはり昼間にしっかり見るべきものだと思いました。
DSC_1624201603212337.jpg
DSC_1572201603212337.jpg

宮島の夕景。干潮時には大鳥居まで歩いてみました。鳥居の根元に張り付いている貝はやはり牡蠣でした。
DSC_1618201603212337.jpg

北海道に住んでいて「原爆」という言葉は一年にたぶん一、二回ぐらいしか聞きません。広島ではあたりまえですが「原爆ドーム前」とか「原爆病院」とか日常にあるものなんだなと。広島に行くって何か重いですね。でも、ちゃんと楽しんでも来ましたよ。美味しいお好み焼きも食べましたし(笑)。

スポンサーサイト