アマデウスQ.のスメタナ 弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」

聴いている音楽
03 /07 2015


今週はカルテットを聴いていました。アマデウス弦楽四重奏団の演奏でスメタナの弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 「わが生涯より」 です。(DG・77年録音)

この曲の特に第1楽章はなんと言い表したらいいのでしょうか。しつこいほど出てくる「タター・タ」というリズムは、悲痛に心に突き刺さります。少しの感傷と強い意志を感じさせる音楽。本当に素晴らしいです。

私はカルテットはあまり聴きませんので、この曲はこのディスクしか持っていませんが、聴くたびに魂を揺さぶられる演奏だと感じます。第1楽章では四人それぞれ前面に出てきて、ものすごい立体感を感じますし、第3楽章なんかでも、それはもう胸いっぱいって感じで弾いているのがひしひし伝わってきます。うん、いい演奏!

スポンサーサイト