朝比奈/新日本フィル チャイコフスキー 「悲愴」

聴いている音楽(国内オケ)
12 /31 2014
朝比奈・悲愴20141230

今年最後は朝比奈さん指揮、新日本フィルの演奏によるチャイコフスキーの 「悲愴」 です。

先日、お正月に読む本を借りに生涯学習センターに行った際、ふと目に留まったのがコレ。朝比奈さんのチャイコフスキーって聴いたことないかも・・・というわけでCDを借りてみました。fontec・1994年2月3日のサントリーホールでのライヴ録音のようです。

朝比奈さんはチャイコフスキーのシンフォニーの中では断然「悲愴」が素晴らしいと自著でおっしゃられていましたが、何回録音しているんでしょうか。私ファンではないので承知していないのですが・・・

演奏は濃厚で腹いっぱいのチャイコフスキーですね。遅めのテンポを基調として、部分的にさらに粘りのある表現が魅力です。第1楽章で出てくるトロンボーンは壮絶です。

ライナーノーツには朝比奈さんと金子建志さんの対談が載っていまして、その中で朝比奈さんが「第3楽章と第4楽章はできるだけ間を空けないでやった方がいい」とおっしゃられています。この日のライヴもそれに沿ってすぐ第4楽章に突入しています。そして、泣けます。

演奏時間はちなみにこんな感じです。Ⅰ:21'49" Ⅱ:8'54" Ⅲ:10'18" Ⅳ:10'52"

CDジャケットと一緒に写っているのは鉄の街・室蘭のボルト人形、「ボルタ」です。
スポンサーサイト