振り返り

雑記
12 /30 2014
DSC00126_convert_20141230010702.jpg

2014年はまずますの一年でした。

まず健康で過ごせました。

単身赴任が終了しました。

そのおかげで、札響定期会員に復帰して素晴らしい音楽をたくさん聴けました。ヴェルディのレクィエム、エリシュカさんの悲愴・魔弾の射手、伊福部昭や早坂文雄も良かった!そうそうN響の 『ロマンティック』 やBCJの 『メサイア』 も心に残る演奏でした。

古い友人二人に数年ぶりで会えました。一人は海外赴任から帰国して7年ぶり、もう一人は5年ぶりぐらいでしょうか。元気そうで何よりでした。

本は週1冊ペースで読みました。読んだ本の内訳はノンフィクションが65%ぐらいで、歴史宗教関連の本をよく読みました。

面白かった本は、そうですねぇ、中村うさぎ・佐藤優著 『聖書を語る』 とかでしょうか。カルヴァン派の佐藤さんと、バブテスト派の中村さんの対談形式で書かれていて読みやすいですし、世界観が随分違っていて興味深かったです。

あとは高良倉吉著 『アジアのなかの琉球王国』 。内容も平易で沖縄史の入門的な感じで気軽に読めました。

映画は見た本数はわずかですが、 『超高速!参勤交代』 のエンターテイメント性に心惹かれるものがありました。今思い出しても面白い・・・。

まあ、こんなところでしょうか。

上の写真は今年開業100年周年を迎えた東京駅の八角形ドーム。1月の上京の際に撮ったものです。

スポンサーサイト