札響の第9(尾高指揮)

コンサート
12 /28 2014
札響第9・20141227
2014年最後の土曜日は晴れ。午前中、家の周りの雪かきをやり、軽くシャワーで汗を流して、午後、札響の第9を聴きに出かけました。

■ 札響名曲コンサート「札響の第9」 (1日目)

 ベートーヴェン 交響曲第9番 ニ短調 op.125 「合唱付き」

 指揮:尾高忠明

 ソプラノ:横山恵子
 メゾソプラノ:金子美香
 テノール:鈴木准
 バリトン:吉川健一

 合唱:札響合唱団、札幌アカデミー合唱団、札幌放送合唱団
 合唱指揮:長内勲

 2014年12月27日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara

オケの編成は弦16型、cl(2)、fl(2)、ob(2)、fg(3(うちコントラファゴット持ち替え1))、hr(4)、tp(2)、tb(3)、打楽器という感じで、合唱はざっと150人ぐらい。コンサートマスターは大平まゆみさんでした。今回席はオケの後ろP席をとりました。さすがに声楽入りの曲では少々音響に難ありですが、なにせ安い(笑)のと、扇型に広がるオケの中心、まさに要の指揮者の指示や表情などが良くわかる面もあります。

さて尾高監督最後の第9。プログラム掲載の札響との第9共演歴によると、81年の初共演以来、正指揮者として3回、客演指揮者として2回、ミュージックアドバイザー/常任指揮者として2回、音楽監督として7回の演奏を重ね、今回で通算15回目になるようです。

演奏の方はというと、男性的で逞しいベートーヴェン。シンフォニックでかっこいい演奏でした!第1ヴァイオリンがよく鳴っており、全体をリードしていたと思います。尾高さんもなんというか、いつも以上に熱く感情をぶつけている感じがしました。合唱も力強く迫力があり、尾高さんからの発音や表現の指示に鋭く反応するのが見て取れるのがよかったです。ソリストはやはり席の関係で聴こえにくい部分もありましたが、バリトンの吉川さんはとてもよかったです!第9はヴィオラに美しい旋律があったり、4番ホルンにソロがあったりと見ていて面白いですね。というわけで今年最後のコンサートでした。


スポンサーサイト