バッハ・コレギウム・ジャパン札幌公演 (ヘンデル 「メサイア」 )

コンサート(国内オケ)
12 /23 2014
自身3度目にとなる BCJ のコンサートに行ってきました。
ちなみに過去2回はミューザ川崎で聴いたバッハのロ短調ミサと、kitaraで聴いたモーツァルトのレクィエムです。


■ バッハ・コレギウム・ジャパン札幌公演

  ヘンデル 「メサイア」 (孤児療育院版(1754))

  指揮:鈴木雅明

  ソプラノⅠ: クリステン・ウィットマー
  ソプラノⅡ: 松井亜希
  アルト(カウンターテナー): クリント・フォン・デア・リンデ
  テノール: チャールズ・ダニエルズ
  バス: ロデリック・ウィリアムズ

  2014年12月21日(日)17:00~
  札幌コンサートホールkitara


この日のBCJは合唱が18人、管弦楽が21人。編成の内訳はこんな感じです。
S(5)、A(5)、T(4)、Bs(4)、tp(2)、hrm(2)、tim(1)、ob(2)、vn1,2(6)、va(2)、vc(2)、cb(1)、fg(1)、cemb(1)、org(1)

メサイア20141221


感想は一言、素晴らしいメサイアでした!!

鈴木さんの全身を使った躍動的な指揮がつくる音楽は、学究的過ぎることなく、実に生き生きとしたものでした。BCJの各楽器、各声部がはっきりと、それでいて調和して響く様は本当に心地がいいものがありました。海外でも高く評価されている彼らの活動は、誇らしいですね。独唱陣もソプラノが急きょ変更になったようですが、それはもう素晴らしかったです。

印象に残った部分を順にあげていくと、第1部は 「合唱/私達のために一人の嬰児が生まれた」 でしょうか。前曲「アリア(バス)/暗闇を歩く人々は」から一転、特に「Woderful,Counsellor,the Mighty God・・・・」の本当に喜びに満ち溢れた演奏!鈴木さんの右腕を上に高く大きく揚げての指揮ぶり!

第2部はベタですが 「合唱/ハレルヤ」 でしょうか。やっぱりいいですね。バロックトランペット2人は立って、左手は腰?にあてての演奏で、祝祭的な気分はもちろんのこと、視覚的にも楽しませてもらいました。

第3部は 「アリア(バス)/トランペットが鳴り響くと」 でしょうか。バスの方の声量豊かで技巧的な歌声も素晴らしかったですが、バロックトランペットのソロが聴きものでした。

やはり立っての演奏でしたが、音程も持久力も抜群で本当に上手い!こういうのを名人芸と言うのですね。終演後の拍手のなかでもこのソロを吹いた1stTpジャン=フランソワ・マドゥフさんへの拍手とブラヴォーが一際大きかったこともつけ加えておきましょう。

休憩を挟んで3時間。たっぷり楽しませていただきました。これで3,000円、大満足です。
スポンサーサイト