札幌交響楽団 第572回定期演奏会(昼公演)

コンサート(札響)
09 /28 2014
DSC02003.jpg

9月の札響定期は・・・偶然? イ長調の素敵な2曲です。

■ 札幌交響楽団 第572回定期演奏会
  モーツァルト ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488
  ブルックナー 交響曲第6番イ長調

  指揮:児玉 宏   
  ピアノ:田部 京子

  2014年9月27日(土)14:00~
  札幌コンサートホールkitara



1曲目は室蘭出身の田部さんのモーツァルト。

初めて聴きますが今年でデビュー20周年、内外で活躍するベテランですね。チューニングが終わり、一瞬の静寂の後、指揮の児玉さんとともに登場。淡い緑色のドレス姿です。

弦楽セクションの編成は8型(8-6-5-5-3)。児玉さんはタクトなし。冒頭から丁寧な指揮ぶりで、フォルテでも角を落とした柔和な響きを造っていきます。ふにゃっとした独特な感じの指揮(失礼)ですが、乱れのない素敵なアンサンブルでしたので、おそらく演奏しやすい指揮なのでしょう。

特に印象に残ったのは第2楽章です。ざわつきが少し残る中で奏でられ始めた冒頭部分。単純な旋律がとても深みのあるもののように感じました。この楽章はピアノと管楽器の対話のようだと思っていますが、管楽器ももちろん好調で、大満足でした!

全曲を弾き終えた後、鳴り止まない拍手に応えてアンコールがありました。シューベルトのアヴェ・マリア(吉松隆・田部京子共同編曲)です。会場が深い祈りの雰囲気に包まれ、演奏後はたくさんのブラヴォーの声。素晴らしい演奏でした。

ここで休憩。ホワイエの様子。
DSC02013.jpg

後半はブルックナーの6番。大好きな曲です。

弦は14型(14-12-10-8-6)に。なんとこの曲、札響が演奏するのは今回が2回目、1975年4月の定期演奏会以来39年ぶりのようです。

冒頭タッタ・タタタ、タッタ・タタタ・・・というヴァイオリンの刻みに乗って低弦が主題を提示し始まります。児玉さんは全身を使った大きな指揮ぶり、テンポはやや遅め、金管は抑制され楽器間のバランスに細心の注意を払うような演奏です。個人的には1,2楽章より3,4楽章の方が息があっていたように感じました。

第3楽章トリオでの弦のピチカートとホルンの応答!ここでは生演奏ならではの面白さを感じました。CDではなかなか聴き取れないことがあるので。

第4楽章が輝かしくも尻切れトンボ(笑)のように終わり、ブラヴォーで称えられた児玉さん。初めて聴かせてもらいましたが、欧州の歌劇場での経験に裏打ちされた職人の棒という印象を受けました。

スポンサーサイト