バルビローリのマーラー 交響曲第5番を聴く

聴いている音楽
08 /04 2014
今日でブログを始めて1年となりました。

なんとも早いものです・・・。これからも、完全不定期の雑多ブログでテキトーに書いていきたいと思います。

さてさて、先週から聴いていた音楽の方はバルビローリのマーラーです。

若い頃に聴いた9番があまりピンと来なくて、しばらく避けていましたが、先日のマゼールのシベリウスと一緒にこちらも500円で購入。

■ マーラー
  交響曲 第5番 嬰ハ短調

  指揮:サー・ジョン・バルビローリ
  ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
  (EMI ・ 1969年録音)

DSC01418.jpg

虚心坦懐、耳を傾けてみての感想は・・・とてもいいです! 

そして、『マーラーの5番は、いつから金管楽器のパワーを誇示する音楽なってしまったのかな・・・』でしょうか。

この曲は、オケの技量をはかるのにもってこいですし、演奏効果も抜群。結果、コンサートのプログラムを飾ることも多くなります。

私の演奏会体験でも、札響で2回のほか、外来オケでは、尾高/BBCウェールズ響、シノーポリ/フィルハーモニア管、ビシュコフ/ケルン放送響、ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管、ヤルヴィ/フランクフルト放送響と、実に目下7回ほど。

確かにこの曲は金管楽器が上手くなくては話しになりませんが、この演奏は、それだけでないのですね。

刺々しい響きがなく、遅いテンポから各楽器の動きを丁寧に引き出し、それでいてカッチリ造り上げる手腕にすっかり魅せられてしまいました。

ちなみに各楽章のタイムは、第1楽章:13'46"、第2楽章:15'14"、第3楽章:18'04"、第4楽章:9'51"、第5楽章:17'27"。特に終楽章はかなり遅いですね。

スポンサーサイト