札幌交響楽団 第571回定期演奏会(昼公演)

コンサート(札響)
08 /31 2014
札響の8月定期は、ジョン・ウィリアムズと早坂文雄というシャレた組み合わせ。二人とも映画音楽で有名ですが、早坂氏が担当した「七人の侍」や「隠し砦の三悪人」などは、私は見たこともなく・・・

■ 札幌交響楽団 第571回 定期演奏会

  ジョン・ウィリアムズ 組曲「スター・ウォーズ」
  早坂文雄 ~生誕100年記念~ 
               交響的組曲「ユーカラ」

  指揮:下野 竜也

  2014年8月30日(土)14:00~
  札幌コンサートホールkitara

2曲ともかなりの大編成。トランペットなどはパートの4人が勢ぞろい。コンサートマスターは伊藤亮太郎さんです。

1曲目 「スター・ウォーズ」 は、説明不要の大名曲。組曲は、Ⅰメイン・タイトル、Ⅱレイア姫のテーマ、Ⅲインペリアル・マーチ(ダース・ベイダーのテーマ)、Ⅳヨーダのテーマ、Ⅴ王座の間とエンド・タイトルの5曲です。

客席の照明が落ちて、下野さんの一振りで、ジャーン!と鳴り響き、続いて現れるメイン・タイトルの大音量に身をさらしていると、一瞬自分が定期演奏会の会場にいることを忘れそうでした(笑)。 演奏は素晴らしかったですし、レイア姫のテーマ、名旋律ですねぇ、ホントいい!

DSC01710.jpg

休憩後は、早坂文雄の 「ユーカラ」。早坂文雄(1914~1955)は、札幌にゆかりの作曲家で、1934年伊福部昭、三浦淳史らと札幌で「新音楽連盟」を結成。1939年には東宝に入社し、映画音楽のほか数々の作品を発表したようです。

「ユーカラ」は東京交響楽団の委嘱で1954年から55年にかけて作曲され、55年6月に初演されるも、早坂氏は同年10月に41歳で早逝されたようです。最後の大作とのことですが、金田一京助訳のアイヌの叙事詩ユーカラを読んで20年ほど構想を練ったとあります。

曲は6曲で、プロローグに続き、急-緩-急-緩-急といった感じです。プログラムによると叙事詩の描写ではなく、抽象化した精神世界を構成。自由な無調、変拍子のリズム、絵巻物風の構成が聴きものだそうです。

第1曲「プロローグ」。クラリネット独奏のみの曲。

第2曲「ハンロッカ」。砂むぐりの燕の神ハンロッカは、ひどいもてなしに腹を立てて、不敬の村を焼き払ってしまう。

第3曲「サンタトリパイナ」。鳥や魚に悪態をつく童子サンタトリパイナは、罰として月の中に閉じ込められてしまう。

第4曲「ハンチキキー」。雀の神が他の神々を招いた酒宴の席、カラスが酒壺にふんをして神々が怒り出す。雀がとりなそうとするが、カラスは無残にも殺されてしまう。ハンチキキーは雀のさえずりだそうです。

第5曲「ノーペー」。オキクルミはピポクの嶽の女神と結ばれるが、オキクルミに思いを寄せていた最も高い天の女神は、嫉妬のあまり激しくののしる。

第6曲「ケネぺ ツイツイ」。人喰い熊がオキクルミ兄弟に散々な目にあい、人間には手を出すまいぞと自戒する話。

全く知らない曲でしたが、事前に図書館でヤマカズ&日フィルのCDで予習しておいたからかも知れませんが、こんなすごい曲があったのですね。50分ほどのヘヴィーな大曲ですが、腹いっぱいの大満足です。

「プロローグ」では、ステージ上のライトをぐっと落として、クラリネット奏者のみがぼんやりと浮かびあがるような照明効果の中で奏でられるソロ。これは音楽に集中できて良かったです。

それにしても下野さんの変拍子のタクトさばきはカッコイイ!全曲演奏はなんと札響初、抜粋演奏も1968年以来だそうで、団員としても初めて演奏される方が多かったと思いますが、とても演奏しやすいのではないでしょうか。

終演後、万雷の拍手の中、下野さんは楽団員を丁寧に立たせていきます。クラリネット、フルート、ヴィオラ、イングリッシュホルン・・・。ご自身も何度かステージに呼び戻されますが、最後にスコアを高く掲げたり、譜面台に乗っているスコアに拍手を贈ったりと、曲への賛美を惜しまない様子でした。

おまけ・ウェルザー=メストさんの演奏。


スポンサーサイト

堤/札響のチャイコフスキー 交響曲第5番

聴いている音楽(札響)
08 /30 2014
ずいぶん涼しくなりました。今週の札幌、夏日すらほとんどなく、朝方は14℃なんて日も。意外に暑すぎない、普通の夏だったような・・・。そんな少し秋の気配の中、最近はチャイコフスキーを聴いておりました。

 

■  チャイコフスキー
  交響曲第5番 ホ短調 作品64

  指揮:堤 俊作
  札幌交響楽団

 (東芝EMI ・ 1988年ライヴ録音) 
 
指揮者、堤俊作氏が亡くなって9月1日で1年になります。

堤氏は1947年大阪生まれ。78年にジュネーブ国際コンクール指揮部門での優勝などを経て、88年から92年まで札響の専属指揮者をつとめました。 一方、75年に東京シティフィルを創設。同団の永久桂冠指揮者とされています。

DSC01632.jpg 

このディスクは、何か月も前に中古CDショップで買ったものですが、88年5月の北海道厚生年金会館での第292回定期演奏会のライブ録音ということで、現時点で、私が持っている札響のディスクでは最も古いものとなります。

演奏はというと、楽団創設から30年もたっておらず、正直どうかな・・・なんて思いましたが(失礼)、全くの杞憂でした。澄んだ弦楽器と安定した管楽器に支えられたのびのびと美しいチャイコフスキーだと感じました。 第2楽章の管楽器のソロも上手いですし、両端楽章の力感もまずまずで 、大いに楽しめる一枚となりました。

全体的に端正な表現の中にあって、第4楽章の最後、コーダに入る手前、かなりテンポを落として一音一音刻み付けるように演奏しているのは面白かったです。

なお、ライナーノーツには、お亡くなりになられました高円宮憲仁殿下が88年6月に北海新聞にご寄稿された記事が載せられています。 


カチョルさんのアルバム 「きらめく光 ~ 音楽の精神(エスプリ)」を聴いています

聴いている音楽
08 /24 2014
第15代(2012.9-2013.8)札幌コンサートホールkitara専属オルガニストのマリア・マグダレナ・カチョルさんのアルバムを聴いています。先週kitaraで行われた催しの際に購入したものです。

DSC01636.jpg

収録曲は以下のとおりとなっています。
(1)レゾン 第5旋法のオッフェルトリウム「パリ人の王に栄えあれ」
(2)グリニ オルガン曲集「ミサ」より グロリアーティエルス・アン・ターユのレシ
(3)J.S.バッハ トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
(4)J.S.バッハ 最愛のイエス、われらここにあり BWV731
(5)ヴィヴァルディ (J.S.バッハ編曲) 協奏曲 ニ短調 BWV596
(6)シュレーダー トッカータ 作品5a
(7)リスト (カチョル編曲) 「詩的で宗教的な調べ」より 葬送、1849年10月
(8)M.スジンスキ カプリッチョ 作品36c
(9)M.スジンスキ 悲歌 作品36b
(10)トゥルヌミール 「復活のいけにえに称賛をささげよ」によるコラール即興曲

ライナーノーツはカチョルさん自身が書かれており、冒頭には「kitaraのオルガンの様々な音色を紹介したいと考え、時代も国も異なる名曲を選んだ」旨記されています。

確かに、17世紀~20世紀のフランス、ドイツ、イタリア、ポーランドとバラエティに富んでいて、とても楽しいアルバムに仕上がっております。

私は、特に(7)のカチョルさんが編曲されたリスト、これが一番気に入りました。このところ毎日毎日聴いております。

あとは、(8)(9)のスジンスキ。はじめて聞く名前ですが、カチョルさんのご出身と同じポーランドの作曲家で、19世紀後半から20世紀前半にかけて同国で最も活躍した作曲家とのこと。とても聴きやすくて、特に(9)の悲歌の美しさ!すばらしいです。

ところでライナーノーツには、このほかに「札幌コンサートホールのオルガンの特色」と題して、日本オルガニス協会元会長で、札幌コンサートホールオルガン選定委員会委員長の馬淵久夫氏の興味深い解説が載っていましたので引用しておきましょう。これは勉強になります。

(省略)演奏レパートリーから見ると、サン=サーンスの交響曲第3番を含む19世紀半ばから現代(フランクからメシアン、エスケーシュまで)のフランス作品は最適である。また、バッハ以後のゲルマン系の作品も問題なく演奏できる。フランス古典期とスペインの曲は、平均律と標準ピッチであることを除けば、ほぼ完全な形で演奏できる。民族色豊かなバッハ以前の北ヨーロッパやイタリアの音楽の風味が出せるかどうかは、ストップの選び方次第である。




ブリュッヘン

聴いている音楽
08 /19 2014
  

お盆明け。早速、道内日帰りの出張。

車窓から水田を眺めながら、先日、逝去されたフランス・ブリュッヘンと18世紀オーケストラによるシューベルトの交響曲第7番ロ短調 D.759「未完成」(philips・1993年録音)を聴いておりました。

ブリュッヘンのディスク、実は所有していません。次回の札響定期の予習のため、図書館から早坂文雄の「ユーカラ」のCDを借りるついでに、手が伸びたものです。

ライナーノーツによると団員数は47名。オリジナル楽器による歯切れやメリハリだけでなく、第1楽章はゆっくりとしたテンポ、展開部でのしっかりとした響きを伴ったスケールの大きさ、第2楽章はAndante con motoの流れの良さが印象に残りました。意外に浪漫を感じさせるような表情づけも感じました。

2009年に新日本フィルと「ハイドン・プロジェクト」と称してザロモン・セットの連続演奏会が催されました。上京して聴きにいく候補となっていましたが、結局は行きませんでした。後悔しても仕方がないのですが、残念です。

大人も楽しい 「夏休みオルガンアドベンチャー」

コンサート(その他)
08 /17 2014


kitaraが主催する「夏休みオルガンアドベンチャー」という催しに娘と行ってきました。

イベントの構成は次のとおり

1 生演奏 
 (1)ジョン・ウィリアムズ
   スター・ウォーズよりメインタイトル
   演奏:吉村 怜子
2 巨大オルガンの内部にカメラが潜入
3 オルガンと一緒に演奏しよう
4 生演奏
 (1)ヴィエルヌ
   24の自由な形式の小品より 「子守歌」 作品31-91
   演奏:吉村 怜子
 (2)J.S.バッハ
   トッカータとフーガニ短調 BWV565
   演奏:オクタヴィアン・ソニエ
  (第16代kitara専属オルガニスト)
5 バックステージツアー

開演前、ステージ上のモニターではkitaraのオルガンの製作元であるフランスのアルフレッド・ケルン社でのオルガンの製作の様子や、kitaraへの設置、調整の様子などが映し出されていました。

アルフレッド・ケルン社は、ドイツとの国境近くのフランス・アルザス地方、ストラスブールに本社を構えているようです。

DSC01563.jpg

地元テレビでお馴染みのリポーターの石井ちゃんこと、石井雅子さんの司会と、オルガニストの山田悦子さんのお話により進行します。

内容は、まあ、子供向けの催しですからちょいと省略して・・・・

オルガンのしくみというものは、まだまだ知らないことばかりで驚かされます。kitaraのオルガンのパイプの長さ、一番長いものは7m、一番短いものは1cmだそうです。あとは、「カメラが潜入」で知ったのですが、クレッシェンド、デクレッシェンドできる機能があるんですね。

演奏の感想を少し。

ヴィエルヌ(1870-1937)は、パリのノートルダム大聖堂のオルガニスト・作曲家で、19~20世紀に登場したオーケストラのように豊かな響きをもつオルガンのために多くの作品を残したとのことです。この「子守歌」は、ヴォワ・セレステ(天の声)という音色を使った美しい曲で、照明に光り輝くパイプを見ながら、幻想的な気分の中で演奏を楽しみました。

2曲目は、ソニエさんによるトッカータとフーガニ短調。冒頭から男性的で力強くはじまり、ガツンとやられた感じです。フーガも同様に硬派で一気に最後まで突き進むような演奏。前任のマリア・マグダレナ=カチョルさんとは全く違いますが、これはこれで面白い体験でした。

最後は、バックステージツアー。
1 3階に上り、オルガンの生演奏を間近で見学
2 オルガニスト専用階段から1階舞台裏に回り
3 ステージを横切り
4 楽屋を見学
5 1階ホワイエへ
といったコースです。

至近から伝わってくるパイプからの振動や、ステージ上からの眺めなど、貴重な体験ばかり!ということで、大人もすっかり楽しんでしまいました(笑)

小学生の夏休み最後の週末の催しでした。
DSC01561.jpg

ブロムシュテット/ゲヴァントハウス管の「スコットランド」

聴いている音楽
08 /16 2014
最近、英国史の本を2冊ほど読みました。

「英仏百年戦争」(集英社新書・佐藤賢一著)と、「イギリス王室物語」(講談社現代新書・小林章夫著)です。

前者は正確にはイングランドの歴史になるのですが、両者ともスコットランドの歴史にも触れられています。

こうした影響もあって、ここ最近は、購入後少し聴いて、その後放置していた、これを聴いていました。

■ メンデルスゾーン
  交響曲第3番イ短調 op.56「スコットランド」

  指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
  ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

  (questand・2004年ライヴ録音)

DSC01503.jpg

ラプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のカペルマイスター時代にライヴ録音された『HERBERT BLOMSTEDT 1998-2005 in LEIPZIG』というセット物の中の一枚です。

ブロムシュテットは1993年にも手兵サンフランシスコ響とセッション録音しており、こちらも明快、溌剌でストレートな魅力があります。

それから11年後。このゲヴァントハウス盤も基本線は同じですが、豊かな弦をベースに、フレーズの歌わせ方、テンポの揺れなどに違いがみられ、表現に深みが増しているように思います。第1楽章序奏や第3楽章なんかで特に感じました。

まさに円熟の指揮ぶりかと思います。

L .バーンスタイン プレイス

音楽
08 /15 2014
1990年に始まり25周年をむかえたPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)。

創設者のレナード・バーンスタイン(1918-1990)への感謝をこめて立像が造られました。なんでも寄付でつくられたようです。

なかなかヒマがなかったのですが、お盆休みに散歩がてら見に行ってきました。立像は札幌コンサートホールkitaraと同じく札幌中心部の中島公園内にあります。

案内板もちゃんと設置されておりました。
DSC01513.jpg

kitaraの先を進んで行きますと・・・
ででーんと、レニー登場です。周りは円形の芝生で整備されています。
DSC01520.jpg

台座部分(表)
DSC01515.jpg

アップです。う~ん、二枚目!
DSC01518.jpg

台座部分(裏)
DSC01516.jpg

札幌にお越しの際は行かれるのも一興かと思われます。

JR札幌駅(市営地下鉄さっぽろ駅)から、地下鉄南北線真駒内行きに乗り、3駅目、中島公園駅(または4駅目、幌平橋駅)下車。案内板にしたがって徒歩7分ほどです。


クラシック音楽館で「アルプス交響曲」を聴く

聴いている音楽
08 /12 2014
日曜21時からのEテレの「クラシック音楽館」。今週はアシュケナージ/N響の6月の定期公演でした。

TBS系列の日曜劇場『おやじの背中』で堀北真希ちゃんに見とれ、何気に番組を変えたら、ちょうどアルプス交響曲が始まるところでした。

ちょこっとだけ聴いたら部屋に引っ込もうと思ったのですが、結局、最後まで聴いてしまいました。

好きな曲ですが、生演奏の機会がなかなかありません。今回聴いて(観て)みて、ワーグナーチューバ、ウィンドマシン、ハープ2台、ティンパニ2対と視覚的にもとても面白かったですね。大編成の醍醐味です。あらためて生演奏に接したい、そう思ったのでした。

アシュケナージはスコアを見ながら的確に指示し、それでいて適度にタメもつくりつつと、さすがは元音楽監督だけあって、N響とも息の合った演奏だと思いました。そしてホルンセクション!なかなかの健闘でした。

それにしてもR.シュトラウスの華麗なオーケストレーションの魔力はすごいです。「頂上にて」ではクラクラ来ますね。Cプログラムなので会場がNHKホールだったのが少し残念。

こちらは過日の藻岩山の頂上にて(笑)
DSC01397.jpg

カラヤンのブルックナー 交響曲第2番を聴く

聴いている音楽
08 /10 2014
「レコード芸術」8月号の特集記事は、『名曲名盤500』。

複数の評論家の方によるチョイスですが、立ち読みして、ちょっと驚きました。ブルックナーの交響曲の多くの曲でヴァントが1位をとっている中で、2番はこのカラヤン盤だったのです。

■ ブルックナー 
  交響曲第2番ハ短調(1877年ノヴァーク版)

  指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  (DG・1980,81年録音)

DSC01457.jpg

オルガー・マチスによる統一感のある羽根のジャケット写真が秀逸なカラヤン/BPOによる全集。

話をしていても、「ああ、あの羽根のジャケットの・・・」とイメージされるのは素晴らしいことです。ジャケットも含めてアーティストの生み出した作品ですね。

初期のシンフォニーは、全集のためのやっつけ仕事みたいな記事もたまに見かけますが、私レベルの人間からすると、カラヤンのコントロールが隅々まできっちり行き届いていて、アンサンブル、バランス、音色など感心するばかりの出来だと思います。

第2楽章のカラヤン美学によって引き出された耽美的とも言える味わいは、このディスクの白眉でしょうか。


バルビローリのマーラー 交響曲第5番を聴く

聴いている音楽
08 /04 2014
今日でブログを始めて1年となりました。

なんとも早いものです・・・。これからも、完全不定期の雑多ブログでテキトーに書いていきたいと思います。

さてさて、先週から聴いていた音楽の方はバルビローリのマーラーです。

若い頃に聴いた9番があまりピンと来なくて、しばらく避けていましたが、先日のマゼールのシベリウスと一緒にこちらも500円で購入。

■ マーラー
  交響曲 第5番 嬰ハ短調

  指揮:サー・ジョン・バルビローリ
  ニュー・フィルハーモニア管弦楽団
  (EMI ・ 1969年録音)

DSC01418.jpg

虚心坦懐、耳を傾けてみての感想は・・・とてもいいです! 

そして、『マーラーの5番は、いつから金管楽器のパワーを誇示する音楽なってしまったのかな・・・』でしょうか。

この曲は、オケの技量をはかるのにもってこいですし、演奏効果も抜群。結果、コンサートのプログラムを飾ることも多くなります。

私の演奏会体験でも、札響で2回のほか、外来オケでは、尾高/BBCウェールズ響、シノーポリ/フィルハーモニア管、ビシュコフ/ケルン放送響、ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管、ヤルヴィ/フランクフルト放送響と、実に目下7回ほど。

確かにこの曲は金管楽器が上手くなくては話しになりませんが、この演奏は、それだけでないのですね。

刺々しい響きがなく、遅いテンポから各楽器の動きを丁寧に引き出し、それでいてカッチリ造り上げる手腕にすっかり魅せられてしまいました。

ちなみに各楽章のタイムは、第1楽章:13'46"、第2楽章:15'14"、第3楽章:18'04"、第4楽章:9'51"、第5楽章:17'27"。特に終楽章はかなり遅いですね。

PMF もいわ山コンサート

コンサート(PMF)
08 /02 2014
25周年の PMF (パシフィック・ミュージック・フェスティバル) の終盤、『PMF もいわ山コンサート』 を聴きに行ってきました。

■ PMF もいわ山コンサート
  ハイドン:弦楽四重奏曲 ニ短調 作品76-2「五度」
   ラドゥ・ロポタン(ヴァイオリンI)
   ユークン・シャン(ヴァイオリンII)
   乾詩織(ヴィオラ)
   ミンジー・チェ(チェロ)

  モーツァルト:弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 K. 516
    ケネス・リャオ(ヴァイオリンI)
    香田亜以(ヴァイオリンII)
    鶴友見(ヴィオラI)
    ジェバッ・キー(ヴィオラII)
    ディアナ・フロレス(チェロ)

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第7番 ヘ長調 作品59-1「ラズモフスキー第1番」
    練木翔(ヴァイオリンI)
    本吉理路(ヴァイオリンII)
    デイヴィッド・メイソン(ヴィオラ)
    ライアン・ルーイ(チェロ)

  と き:2014年7月31日(木)18:30~
  ところ:藻岩山中腹エリア「フォレストギャラリー」

会場は札幌中心部から約5kmのところにある藻岩山の中腹にあり、ご覧のとおりロープウェイに乗って向かいます。この日の最高気温は31℃でしたが、夕方には北海道らしい、しのぎやすいコンディションに。
DSC01381.jpg

森の中の教会のような雰囲気。収容人数は50人ほど。
DSC01404.jpg

教育音楽祭らしく、世界各地からオーディションを経て集まった若手音楽家の気合十分な、若々しいキレのある演奏でした。

まずはハイドンの『五度』。まさにこれが一番のお目当て。大好きな曲です!モーツァルトが既に世を去ったあとの1796年から1797年にかけての作。縦横無尽に駆けめぐる第1ヴァイオリンの高音の美しさに魅せられます。

バランスが良く、アンサンブルの息もぴったりの快演。ただ、古典派の緩徐楽章、これは本当に難しいものですね・・・。カルテットは長い時間をかけて解釈や表現を詰めて、芸に磨きをかけるものだなぁと再認識。

モーツァルトは、恥ずかしながら聴くのははじめて。少々くどい感じの曲ですね。感想は省略、ゴメンナサイ(笑)

DSC01410.jpg

DSC01411.jpg

休憩後は『ラズモフスキー第1番』。 弦楽四重奏とは思えない素晴らしい広がりをもった傑作。こちらも大好きです。

冒頭のチェロ、いい音です! 4人での最初の盛り上がりにかけての部分だけ見ても、モーツァルトやハイドンの音楽からの飛躍を感じます。4人のパートの独立した動きなど生の面白さもしっかりと堪能。演奏も大変聴きごたえがありました。

終演後、復路のロープウェイを待っていましたら、私の後ろの年配のご夫婦が、「来るだけで気持ちがいいわね」と会話されていました。まさにそのとおり、いい夏の音楽祭でした。

無料コンサートなので入場整理券は回収され、プログラムもくやくちゃになってしまいましたので、記念に両方載せておきます。
DSC01240.jpg

DSC01408.jpg