札幌交響楽団 第570回定期演奏会(昼公演)

コンサート(札響)
06 /29 2014
良く晴れた6月の最終土曜日、札響定期を聴きに行ってきました。

今回は大作、ヴェルディのレクィエム。まずは腹がへっては戦はできぬと、家族で中島公園に遊びに行きがてら昼食です。札幌パークホテルにあります四川料理「桃源郷」さんです。


数の子入り炒飯
DSC01181.jpg

海老のワンタンメン
DSC01182.jpg

少々食べすぎたところで私一人会場へ。今回のプログラムはこちら。

■ 札幌交響楽団 第570回定期演奏会

 ヴェルディ レクイエム

 指揮:尾高 忠明
 ソプラノ:安藤 赴美子
 メゾ・ソプラノ:加納 悦子
 テノール:吉田 浩之
 バリトン:福島 明也
 合唱:札響合唱団、札幌放送合唱団
     ウィスティリアアンサンブル、どさんこコラリアーズ
 合唱指揮:長内 勲

 2014年6月28日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara

開演30分前のロビーコンサートはヴァイオリンの渡邊俊和さんの演奏でバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番よりアダージョとフーガ。

つい先日まで私が聴いていた曲ではありませんか。なんてラッキー!とホワイエ2階からしっかりと聴かせていただきました。最初の一音でふと空気がひんやりするのはバッハの音楽の力でしょうか。

今回は休憩なし公演。飲食を楽しむのは開演前だけです。
DSC01184.jpg

札響は、2006年の札響合唱団の設立以後、年末の第九に加え、定期演奏会に必ず声楽入りの大曲がプログラミングされています。
2007年 マーラー「復活」
2008年 ブリテン「ピーター・グライムズ」
2009年 オルフ「カルミナ・ブラーナ」
2010年 デュリュフレ「レクィエム」
2011年 ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」
2012年 ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」
2013年 ブリテン「戦争レクィエム」
こうやって見るとなかなか壮観ではありませんか。そして今年はヴェルディです。

配置はステージ向かって左から、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、右後方にコントラバス。
弦の後方にフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンなどが2列で置かれ、その後ろはバスドラム、ティンパニ、トランペット、トロンボーン。オケの後方のひな壇に4人のソリストと合唱団となっていました。

ちなみに服装はソリストも含めて皆黒。プログラムもです。
DSC01185.jpg

さて、感想文の方はというと、いつもどおり『良かったです』しかありませんが(笑)、まあ、なんていうんでしょうか、こうやってあらためて聴きますと実にドラマティックで起伏に富み、ヴェルディの才能をいやというほど感じずにはいられない曲です。

特に「怒りの日」では、オケ&合唱の迫力、それから4人のソリストにそれぞれ見せ場があって、飽きるということがありません。インジェミスコからコンフターティスを経てラクリモーザあたりは全曲の中でもすごく好きな部分ですね。

尾高さんの指揮で今回興味深かったのは、激しい部分でも急き立てるような感じではなく、実に鷹揚とした指揮ぶりだったことでしょうか。オケも合唱も硬くなることなくのびのびと、それでいて指示にきっちりと反応した集中力の高い好演だったと思います。

4人のソリストは歌い方にクセがないうえに、バランスも良くて音楽に集中できましたし、ピアノで重唱する部分などは、繊細の極み、息もぴったりで、本当に美しかったです。余談ですが、ソプラノの安藤さんは札幌出身だそうです。

なお、「怒りの日」での死者も甦るバスドラムの強打は私のところまで振動が伝わってきましたし、トゥーバ・ミルム(くすしきラッパの音)では、ステージ後方にバンダが二隊配置され、立体的な音の響きだけでなく視覚的にも楽しめたのはコンサートならではの贅沢です。

オケ、合唱団、ソリストへの惜しみない拍手が止んで、会場を出たのはいつもより少し早い15:40頃。音楽の余韻に浸って、公園を散歩し、いつもと違う地下鉄駅から家路につきました。
DSC01189.jpg

スポンサーサイト

長雨の後は諏訪内さんのバッハで

聴いている音楽
06 /22 2014
金曜まで札幌は雨が観測されて、6月としては明治18年の観測以来の15日連続雨となりました。

もちろん一日中降っているわけではなく、雨が観測された日が15日連続ということですが、それでも気温は20℃になるかならないかの日が続いていますし、洗濯物は乾かない、日照時間は平年の15%・・・。

ようやく晴れた週末、諏訪内晶子さんとヨーロッパ室内管との共演盤でバッハのヴァイオリン協奏曲第1番イ短調BWV1041(PHILIPS・2005年録音)を静かに楽しんでおりました。

この曲との出会いは中学のころに遡りますが、本当に素敵な佳曲だと思います。とかく堅苦しさが強調されがちなバッハですが、非常にメロディックで、簡潔、親しみやすいと感じます。終楽章のアレグロ・アッサイ8分の9拍子もリズミカルでノリがいい。

諏訪内/ヨーロッパ室内管の演奏は、ノンヴィブラート奏法を取り入れたすっきりしたもの。独奏ヴァイオリンの抑制された表現は、伴奏と融合して色々な表情を見せています。曲の良さがじっくり伝わってきます。

ヒラリー・ハーンの冒頭からノリノリのぶっ飛ぶような演奏とは大違いですね。この辺はクラシック音楽の面白いところ。

このディスクでは、第2楽章アンダンテが特に気に入ってます。出だしの伴奏の音型の演奏の仕方ひとつを取っても、もたれないテンポで、音を出して、そのあとすっつと引く、非常に繊細で上品な演奏です。そして、そこに、すーっつと独奏ヴァイオリンが入ってくるあたり、とてもいいです。その後も自然な抑揚で、素晴らしいの一言。

短調の両端楽章に挟まれた長調のこの楽章、長雨を抜けた札幌のよう。

DSC01155.jpg

ブラームスのドイツ・レクィエム  ブロムシュテット/サンフランシスコ・イヤーズ(15CD)より

聴いている音楽
06 /16 2014
ブロムシュテットは好きな指揮者なので、ディスクも結構所有しています。

特にサンフランシスコ時代は、西洋クラシック音楽世界の辺境たる米国西海岸のオケでドイツ物を真正面から取り組んで、独特の味わいが音に刻まれていて好きです。

3月下旬に発売されたこのセットの15枚中、実は持っていないのは、ドイツレクイエム、アルト・ラプソディとベルワルドのシンフォニーの3枚だけ。特に前2者は上京の度に中古CDショップをのぞいても見つからなかったものです。

DSC01123.jpg

というわけで買ってしまいました。そのためにか!ということなのですが、まぁ、ぜ~んぶで5,000円ぐらいだし。

雨が振り続ける日曜の札幌、Disc4のドイツ・レクイエムを聴いていました。

この曲の核だと思っている第2曲や第6曲、ブロムシュテットはキメるところはかっちり真面目にやって迫力があり、オケもコーラスは重く暗くなりすぎないところが爽快です。

特にコーラスは、実にはっきりくっきりとした発音が心地よく、引き摺るような感じが全くない歌い方は第1曲の最初の盛り上がりの「werden mit Freuden」のところからも、感じられます。

それにしてもこの曲の第6曲から第7曲にかけては、大きなヴォリュームで聴いていると実に感動的ですねぇ。

セット物の収録曲は以下のとおり。

Disc1
バルトーク:
・交響詩『コシュート』
・管弦楽のための協奏曲

 録音時期:1993年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc2
ベートーヴェン:
・交響曲第1番ハ長調 op.21
・交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』

 録音時期:1990年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc3
ベルワルド:
・交響曲第1番ト短調『まじめな交響曲』
・交響曲第4番変ホ長調『素朴な交響曲』

 録音時期:1991年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc4
ブラームス:
・ドイツ・レクィエム

 エリザベス・ノルベルイ=シュルツ(ソプラノ)
 ヴォルフガング・ホルツマイアー(バリトン)
 サンフランシスコ・シンフォニー・コーラス

 録音時期:1993年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc5
ブラームス:
・運命の歌 Op.54 ・アルト・ラプソディ Op.53 ・埋葬の歌 Op.13 ・悲歌 Op.82 ・運命の女神たち Op.89
 ヤルド・ファン・ネス(メゾ・ソプラノ)
 サンフランシスコ・シンフォニー・コーラス

 録音時期:1989年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc6
ブルックナー:
・交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ハース版/1886年ニューヨーク版との融合による)

 録音時期:1993年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc7
グリーグ:
・劇音楽『ペール・ギュント』 op.23(抜粋)

 ペール・ギュント、泥棒:ウルバン・マルムベルイ(バリトン)
 ソルヴェイグ:マリ・アンネ・ヘガンデル(ソプラノ)
 第1の山羊追いの女:ウェンディ・ホフマン(ソプラノ)
 第2の山羊追いの女:メリリン・ヴォーン(メゾ・ソプラノ)
 アニトラ、第3の山羊追いの女:ウェンディ・ホワイト(メゾ・ソプラノ)
 盗品買い:リチャード・ヘイル(バス・バリトン)
 山の魔王:デイヴィッド・ヘス(語り)
 第1の子供のトロル:マーガレット・リジ(語り)
 宮仕えのトロル、第2の子供のトロル:カーレ・ミクスヴォル(語り)
 若い娘:マリア・メイヤー(語り)
 第1の魔女:クリスティーナ・ラップ(語り)
 第2の魔女:ベイグ:グレゴリー・ニューボ(語り)
 オーゼ:マリ・アンネ・ヘガンデル(語り)
 サンフランシスコ・シンフォニー・コーラス

 録音時期:1988年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc8
ヒンデミット:
・ウェーバーの主題による交響的変容
・ヴィオラと弦楽のための葬送音楽
・交響曲『画家マチス』
・弦楽と金管のための協奏音楽

 録音時期:1987年、1991年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc9
マーラー:
・交響曲第2番ハ短調『復活』

 ルート・ツィーザク(ソプラノ)
 シャルロット・ヘレカント(アルト)
 サンフランシスコ・シンフォニー・コーラス

 録音時期:1992年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc10
メンデルスゾーン:
・交響曲第3番イ短調 op.56『スコットランド』
・交響曲第4番イ長調 op.90『イタリア』

 録音時期:1989年、1991年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc11
ニールセン:
・交響曲第2番ロ短調 op.16『4つの気質』
・交響曲第3番ニ短調 op.27『ひろがりの交響曲』

 録音時期:1989年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc12
オルフ:
・カルミナ・ブラーナ

 リン・ドーソン(ソプラノ)
 ジョン・ダニエッキ(テノール)
 ケヴィン・マクミラン(バリトン)
 サンフランシスコ少年合唱団&少女合唱団
 サンフランシスコ・シンフォニー・コーラス

 録音時期:1990年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc13
シューベルト:
・イタリア風序曲第2番ハ長調 D.591
・交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』

 録音時期:1992年、1991年
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc14
シベリウス:
・交響曲1番ホ短調 op.39
・交響曲第7番ハ長調 op.105
・交響詩『タピオラ』 op.112

エリシュカ/札響のヤナーチェク シンフォニエッタ

聴いている音楽(札響)
06 /09 2014
DSC01016.jpg

先週あたりから音楽の方は、ラドミル・エリシュカ指揮、札幌交響楽団によるヤナーチェクのシンフォニエッタ(オフィス ブロウチェク・2010年live録音)を聴いていました。ドヴォルザークの5番と一緒に収録されているものです。

そう、私も聴きに行った2010年4月の定期演奏会のライヴ録音です。

エリシュカさんが振ると音楽が柔和な表情を見せます。

第1楽章のファンファーレは、少し「ん!?」という感じもなくはないのですが、全体としてふっくらブレンドさせた金管の響きは、素朴な味わいがあります。オケの性能やパワーを誇示するような音楽じゃないんだよと言っているようです。

今回、聴きなおして見て、ああ、素敵だなぁと感じたのは第3楽章。

冒頭から遅めと思える思えるテンポ設定で、弦の動きを実に丁寧に演奏して情感を表現していきます。イングリッシュ・ホルンの侘びさびを感じさせるソロを聴いていると、ヤナーチェクってこんなに深みのある音楽だったのかと再認識。後半の激しい部分ではアンサンブルもばっちりで、ホルンセクションの健闘も光ります。

第5楽章はフルートやクラリネットの美しい演奏に耳を奪われますし、回帰するファンファーレも力感たっぷりです。

エリシュカさんは、2008年の客演では「タラス・ブーリバ」、2009年の客演では「利口な女狐の物語」を演奏し、それぞれ録音しています。地元オケでヤナーチェクの音楽を楽しめるとは、本当に感謝感謝といったところです。

札響首席指揮者にポンマー氏就任決定

音楽
06 /08 2014
DSC00991+(2).jpg

先日の札響の演奏会のプログラムに楽団からのお知らせが添えられていました。

マックス・ポンマー氏が2015年のシーズンから3年の任期で首席指揮者に就任するようです。

1936年ライプツィヒ出身の78歳。ライプツィヒ放送交響楽団の首席指揮者などを歴任。札響との共演は昨年の11月の定期演奏会(シューマンの交響曲第2番ほか)が初めてとのことなので、よほど相性が良かったということでしょうか。

ちなみに私は単身赴任中でしたので聴けませんでしたが・・・。

1シーズンに3回札幌を訪れて指揮するとのことです。

当面、音楽監督は置かないのかな?監督を迎えていただきたいという思いはありますが、本場ドイツ出身の指揮者に定期的に振ってもらって、札響の持っている音がどんな風に影響を受けていくのか楽しみでもあります。

札幌交響楽団 第569回定期演奏会(昼公演)

コンサート(札響)
06 /02 2014
DSC00998.jpg

今回は子供の運動会と重なったため、金曜の夜公演に振り替えようとしましたが、どうしても調整がつかず、やむなく運動会が終わってから、急いで会場に向かいました。

■ 札幌交響楽団 第569回定期演奏会
 ~伊福部昭生誕100年記念~

 伊福部 昭 日本狂詩曲 
 伊福部 昭 ヴァイオリン協奏曲第2番
 伊福部 昭 土俗的三連画
 伊福部 昭 シンフォニア・タプカーラ
 指揮:髙関 健
 ヴァイオリン:加藤 知子
 2014年5月31日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara

開演時間を過ぎて会場に到着。レセプショニストの方から、「ただいま二曲目が始まったところですので、あと30分ほどお待ちください」との説明がありました。
というわけで、今回は後半のみ・・・。

がらんとしたホワイエ。
DSC00995.jpg

しょうがないので、開放されていた2階のテラスでアイスコーヒーを飲みながらプログラムに目を通します。

ゴジラでお馴染みの伊福部昭(1914~2006)は、北海道釧路生まれ。

少年時代からヴァイオリンを習い、北海道帝国大学(現・北大)で林学を学ぶ傍ら、学生オケのコンマスも務めていたようです。その後、道庁の厚岸(あっけし)森林事務所林務官などをつとめながら作曲を続け、戦後は、東京音楽学校(現・東京芸大)の講師もされたようです。

プログラムには、「シンプルなモチーフの執拗な反復」、「民族的な旋法の重用」など独特の音楽技法が特徴とあります。

フムフム、なるほど。勉強になります。
DSC00996.jpg

後半、最初は『土俗的三連画』。
プログラムには1937年赴任先の厚岸で作曲。「アイヌの旋律と日本民謡的な楽想の共存」とあります。

Ⅰ)同郷の女達、Ⅱ)ティンベ、Ⅲ)パッカイの3楽章から成り、編成は弦五部各1、フルート1、オーボエ1、クラリネット1、ファゴット1、ホルン2、トランペット1、打楽器1、ピアノ1の計14人という小規模な曲。

オリエンタルな雰囲気の中、コンマスの大平さん、トランペット副主席の松田さん、ホルン首席の橋本さんはじめ、札響の皆さんの妙技を一度に味わえる点も良かったです。松田さんの音は本当に柔らかくていい。

《会場に向かう途中に発見》
DSC00989.jpg

ラストは1954年作曲、1979年に改訂された『シンフォニア・タプカーラ』。
先程とうって変わって大編成。Ⅰ)レント・モルト-アレグロ、Ⅱ)アダージョ、Ⅲ)ヴィヴァーチェの3つの楽章から成ります。

タプカーラとはアイヌ語で ”立って踊る” という意味だそうで、その名のとおり、両端楽章は野趣あふれる鮮烈なリズムが印象的な曲です。

なじみのない曲は事前に図書館から借りて予習するのですが、「アダージョ」はとても気に入りました。本当に素晴らしい!

ハープの伴奏に乗ってフルートのソロから始まります。静謐な雰囲気で曲は進行し、5分過ぎごろから下降型の音型が現れ、曲はますます神秘さを増していきます。私はここの部分でこの曲の虜になりましたねぇ。

もちろん、両端楽章も、多少しつこさはありますが、プリミティヴな迫力満点の演奏で、会場も大盛り上がりでした。

それにしても、高関健さんが指揮するコンサートはハズレがない。きちっとまとめる手腕がスゴイです。

札響定期のプログラムには、今回演奏する曲の、過去の演奏回数、前回の演奏年月日が記されていますが、「シンフォニア・タプカーラ」は、80年の札響初演以降、5回も演奏されていて、ちょっとびっくり。

定期的に取り上げられる重要なレパートリーということでしょうか。そう言えば、会場入口に、本公演は録音される旨、告知されていました。