バッハ トッカータとフーガニ短調

聴いている音楽
03 /27 2014
送別会続きで少々飲み疲れの毎日。本日は二次会は失礼させていただき、ホテルのバーでアードベック10年を一杯だけ飲みクールダウンしてから帰宅。

この3年でめっきり酒が弱くなりました。飲み方も美味い酒を少量という感じを好むようになりました。

帰宅しても部屋は結構がらんどうです。この週末に残りのものを運んでしまえば、なんとかなるでしょう。知らず知らずのうちに物は増えますね。次の単身赴任の時の課題にします。

まあ、こんな状況ですが、音楽の方は札幌コンサートホールkitaraのサイトで紹介されている前専属オルガニスト、マリア・マグダレナ・カチョルさんの動画を楽しんでおりました。

前にも書きましたが、kitaraの専属オルガニストは、欧州で研鑽を積んだ若手奏者を1年の任期で雇用するシステム。カチョルさんは、2012年9月から2013年8月まで第15代オルガニストを務めておられました。

知的な感じです。鍵盤の動きを見ているだけでも楽しいです。





スポンサーサイト