バレンボイムのブラームス 大学祝典序曲

聴いている音楽
03 /17 2014
バレンボイム/シカゴ交響楽団の交響曲全集、ハイドン・ヴァリエーション、悲劇的序曲、大学祝典序曲を納めたセットもの(Waner Classics・1993年録音)から大学祝典序曲を聴いていました。

学生時代は吹奏楽部でしたので、こうもり序曲やはげ山の一夜などの10分ぐらいのクラシック小品の編曲版をやるときは、それはもう何回も何回も聴きこみましたが、大人になると聴き流してしまうようになってしまいました。

何年か前に買ったこのセットもの。全部聴いて、意外によかったのがこの大学祝典序曲の演奏。

CDをかけっぱなしにしていて、全パートの充実した響き、金管セクションのブリリアントで祝祭的な吹奏に、思わず耳を奪われました。シカゴ響は本当に上手いですね。

お気楽な感じの曲ですが、たまに聴くと楽しいですし、元気が出ます。

DSC00526.jpg


スポンサーサイト