札響第567回定期 尾高指揮 シベリウス第2&第4

コンサート
03 /03 2014
尾高監督と札響が3年がかりで取り組むシベリウスを土曜のマチネで聴いてきました。

■ 札幌交響楽団第567回定期演奏会

 シベリウス 組曲「恋人」
 シベリウス 交響曲第4番イ短調
 シベリウス 交響曲第2番ニ長調

 指揮:尾高忠明
 
 2014年3月1日(土)15:00~
 札幌コンサートホールkitara

コンサートマスターは大平まゆみさん、弦楽器の配置と編成はステージに向かって左から第1vn(16)、第2vn(14)、vc(10)、va(12)、奥にcb(8)。

1曲目の組曲「恋人」は全く知らない曲。20代後半に作曲された無伴奏男声合唱曲を40代に自身で編曲したもののようです。打楽器を含む弦楽オケという編成がユニークです。「恋人」、「恋人の小径」、「こんばんは-さようなら」という3曲で、美しい弦の響きを味わえる10分程の曲でした。

2曲目は第4交響曲。生で聴くのは2回目です。この曲の持つ独特の暗さは割と好きです。冒頭の低弦をはじめ力強い部分ではアクセントを効かせた鋭角的な響きで、静と動をくっきり描き分けるスケールの大きな演奏だと感じました。美しいソロを聴かせてくれたチェロ首席の石川さんにはブラヴォーも出ていました。

休憩を挟んでの後半は第2交響曲。第2楽章は前楽章からほとんど間を開けずに開始。全体では1-2、3-4楽章という感じになるのですが、生は初めてなので、通常このように演奏されるのか正直よくわかりません。

印象に残ったところ。第2楽章でトランペットとフルートが交互にソロを奏でる部分。あの寂寥感はとても好きなのですが、福田、高橋の両首席の美しい音色に魅了されました。第4楽章冒頭は演奏効果抜群ですね。朗々と響く弦、それに続くトランペットのファンファーレ。かっこいいです。そして金管楽器が輝かしく力強いフレーズを繰り返すラストは、全曲を閉じるにふさわしい圧巻の演奏でした。

スポンサーサイト