チェリビダッケのシューベルト「ザ・グレイト」

聴いている音楽
02 /25 2014
セルジュ・チェリビダッケ指揮のミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、シューベルトの交響曲第8番ハ長調「ザ・グレイト」(EMI・1994年live録音)を聴いています。

昔は大嫌いだったんですけど、今や大好きな曲になってしまいました。

DSC00446.jpg

遅いテンポからオケを目いっぱい鳴らす巨大な音楽と繊細さが同居する演奏は、たまに聴くとやはり独特の魅力があります。

ミュンヘン・フィルはやや明る目の音色。演奏時間はリピートなしで、(1)15:33 (2)16:31 (3)10:18 (4)13:05です。

思いっきりテンポを落とす第1楽章終結部、第2・4楽章でのやりすぎなくらいのトランペットの強奏、全曲の最終音のディミヌエンドなど面白いところがたくさんありますが、スケルツォのトリオもなかなかいい感じです。

朗々と歌うわけではありませんが、非常にデリケートな演奏。胸に迫ります。

拍手のほか、楽章間の咳払いなども丸ごと収録されていて臨場感たっぷりです。


スポンサーサイト