アバドのハイドン「時計」

聴いている音楽
02 /02 2014
DSC00287.jpg

週末聴いた音楽は、アバドがヨーロッパ室内管弦楽団を指揮したハイドンの交響曲第101番ニ長調「時計」(DG・1988年録音)です。

全編に小気味よいアクセントが効いて、音楽が実にいきいきと生命力を持って前へ進む感じ。強奏時の迫力もなかなかです。

録音会場はウィーン・コンツェルトハウス大ホールで、細かな音符の動きなども適度な残響とともに美しく録音されています。

アバドは、1986年から1995年にかけてハイドンのシンフォニーのうち93番、96番「奇跡」、98番、100番「軍隊」、101番「時計」、102番、103番「太鼓連打」の7曲を録音しています。

写真は、10年以上前に中古CDショップでたまたま購入した廉価盤。気に入ったので、後年、4枚組セットで全曲揃えたのでダブりとなっている次第。

もっと録音していただきたかった・・・。


スポンサーサイト