ニールセンの「ひろがりの交響曲」

聴いている音楽
01 /30 2014
DSC00226.jpg

今週は、デンマークの作曲家ニールセンの6曲のシンフォニーの中から第3番ニ短調「ひろがりの交響曲」を聴いていました。

「不滅」だけじゃなく、聴き流さないで他の作品もちゃんと聴こうと思いまして・・・

1911年の作。マーラーが世を去り、シベリウスが第4交響曲を書いた年ということになるでしょうか。表題は第1楽章の発想記号〈アレグロ・エスパンシヴォ〉に由来するとのことですが、雰囲気だけならフィナーレこそぴったりな感じがします。

急速な3拍子と切り立ったリズムで金管セクションが活躍する第1楽章。第2楽章は北欧的な雰囲気の中、後半にはバリトンとソプラノの「ア」だけの歌も加わります。スケルツォ的な第3楽章を挟んでのフィナーレは、親しみやすい英雄的な主題が魅力的です。

第2楽章での木管楽器と中低弦の使い方がシベリウスと似ている?気もします。

演奏はブロムシュテット/サンフランシスコ交響楽団によるもの(DECCA・1989年録音)。クリアで棒に鋭く反応する、そんな印象を受けます。

シベリウスと同年生まれのニールセン。両シンフォニストの今日におけるポピュラリティや演奏頻度の差は何か・・・、そんなことをボンヤリ考えていました。


スポンサーサイト