カラヤンのR.シュトラウス「英雄の生涯」

聴いている音楽
01 /21 2014
DSC00185.jpg

先日、数年ぶりに会えた友人との話の中で「英雄の生涯」のことがでたので、週末からを聴いています。この曲、昔はよく聴きましたが、最近はめっきり聴かなくなってしまいました。

■ R.シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」作品40
 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 (EMI・1974年録音)

シュトラウスのオケ作品については、内容がないとか、なんとか色々仰る評論家の方もいますが、私なんかは、大好きですよアルプス交響曲とか、楽しくて(笑)

カラヤン盤は、重厚な迫力とシュトラウスにピッタリな艶やかなオケの響きで絢爛豪華。音楽の頂点にむけた盛り上げ方というか、高揚感・陶酔感の築き方というか、かっこいいですねぇ。

ところで、カラヤンの後任、クラウディオ・アバドが死去されました。ご冥福をお祈りします。

ついに生では聴けなかったのが残念・・・。

勉強不足ですが、アバドはシュトラウスのオケ作品はあまり振っていない印象が・・・。イタリア人だから?オペラの人だから?



スポンサーサイト