アーノンクールのシューベルト交響曲第5番

聴いている音楽
01 /04 2014
大晦日に定山渓温泉に日帰りで行った以外は、ずーっと家にいた年末年始。

札幌は雪が降る日が多かったので、「雪かき・読書・音楽鑑賞・テレビ」を繰り返しながら、過ごしていました。昨日あたりから天気が回復したと思ったら、今日午後から再び激しい雪。15時に46cmだった積雪は、18時には57cmに。

明日は赴任先に戻って車を掘り出さねば。

アーノンクール・シューベルト

■ シューベルト 交響曲第5番変ロ長調
 指揮:ニコラウス・アーノンクール
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 (TELDEC・1992年録音)

音楽の方は、お正月に聴いたもののつづきです。

手持ちのシューベルト交響曲全集から、第5番を楽しみました。

第1楽章で聴き慣れない強弱に戸惑ったりもしますが、この曲の聴きどころの第2楽章はなかなか素敵だと思います。

アーノンクールは連綿と歌い抜くのではなく、サクサク・ひょうひょうとした進行で、目の前の色をぱっと変化させていくような演奏で、とても心地よいものがあります。


スポンサーサイト