エリシュカ氏最後の来日

コンサート情報・予定
06 /24 2017
今週、札響名誉指揮者のラドミル・エリシュカ氏が10月の定期演奏会をもって最後の来日となる旨発表がありました。

寂しいものです。ただ、長旅に耐えられないとの医師の判断があったようなので仕方がないです。生で聴く最後の機会。心して聴かせていただきます。

曲目は氏の希望でベートーヴェンの「英雄」から、リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」に変更になったようです。


スポンサーサイト

来シーズンの札響名曲シリーズ

コンサート情報・予定
12 /04 2016
札響の来シーズンの名曲シリーズのプログラムが発表されていました。

興味をそそられるのは・・・まずは6月のハチャトゥリアン。吹奏楽では広く演奏されていますが、オーケストラでは滅多に聴けません。すかっとする音楽で純粋に楽しめそうです。それと10月のバーメルトさんの「ロメオとジュリエット」あたりでしょうか。これもカッコイイ演奏に期待です。初秋9月の尾高さんの北欧ものと、定期演奏会がお休みの3月のビゼーとラヴェルは、まぁ気分次第ってとこでしょうか^^

大地のショパン
2017年6月24日(土)14:00
円光寺雅彦(指揮)、遠藤郁子(ピアノ)

ドヴォルジャーク 序曲「謝肉祭」
ショパン ピアノ協奏曲第1番
ムソルグスキー(R.コルサコフ編) 交響詩「はげ山の一夜」
ハチャトゥリアン 「ガイーヌ」から剣の舞、子守唄、薔薇の乙女たちの踊り、レスギンカ
ボロディン 「イーゴリ公」より だったん人の踊り

新伝説のフィンランディア
2017年9月9日(土)14:00
尾高忠明(指揮)、田部京子(ピアノ)

グリーグ ホルベルク組曲
グリーグ ピアノ協奏曲
シベリウス 「カレリア」組曲
シベリウス 交響詩「トゥオネラの白鳥」
シベリウス 交響詩「フィンランディア」

遠くイタリアを夢見て
2017年10月14日(土)14:00
マティアス・バーメルト(指揮)

チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
プロコフィエフ 組曲「ロメオとジュリエット」抜粋(バーメルト編)

田園から運命へ
2018年2月3日(土)14:00
マックス・ポンマー(指揮)

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」
ベートーヴェン 交響曲第5番

輝きと躍動のボレロ
2018年3月10日(土)14:00
渡邊一正(指揮)、中川英二郎(tb)

バーンスタン 「キャンディード」序曲
シルクレット トロンボーン協奏曲
ビゼー 「アルルの女」組曲からメヌエット、ファランドールほか
ラヴェル ボレロ

会場はもちろんすべて札幌コンサートホールkitaraですが、中心部の「大通」から地下鉄で2駅、そこから徒歩7分かかり、風雨・風雪が激しい時は気持ちが萎えます。クラシック音楽のすそ野を広げて、気軽に会場に足を運んでもらう方法として、2018年に文化芸術劇場がオープンしたら、そこでの開催はどうなんでしょうかね。「大通」駅から徒歩2分だそうなので。


定期会員更新案内届く

コンサート情報・予定
11 /19 2016
午後、外出から戻ると札響定期会員の更新案内が届いておりました。

年間10公演のうち、首席指揮者のポンマーさんが3回、名誉音楽監督の尾高さんと名誉指揮者のエリシュカさんが1回ずつで、残りの5回は広上さん、ホリガーさん、秋山さん、スダーンさん、下野さんという顔ぶれのようです。

600回記念の話は書いたので、それ以外の注目公演は・・・・
やはりエリシュカさんの「英雄」(10月)は外せませんね。これまで札響とはドヴォルジャーク(第5~9)、ブラームス(全曲)、チャイコフスキー(第4~6)を取り上げてきて、来シーズンからはベートーヴェン・シリーズが始まるようです!。ただ、定期以外の名曲コンサートへの登場もなくこの定期の1回きり(今シーズンは定期2回、名曲コンサート1回、東京公演)のようです。

ポンマーさんの「スコットランド」(1月)にも期待しています。シューマンの第4やメンデルスゾーンの「讃歌」のようなロマン派の演奏が自分の中でとても良かったと感じたので。それから広上さんの惑星(4月)、札響首席陣によるモーツァルトの協奏交響曲(8月)、下野さんのブルックナー第1(9月)も滅多に聴けない曲なので楽しみですね。

地元にはオーケストラ1つしかありませんからね~。応援してますよ~札響さんっ、快演を期待!。
あとは毎年書いているけど転勤なければいいな・・・

札響定期演奏会2017-2018シーズン
第598回 2017年4月21日(金)19:00/4月22日(土)14:00

広上淳一(指揮)
ダニエル・ホープ(ヴァイオリン)
札響合唱団

コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲
ホルスト 組曲「惑星」

第599回 2017年5月19日(金)19:00/5月20日(土)14:00

ハインツ・ホリガー(指揮)
ラトヴィア放送合唱団

シューマン ミサ・サクラ
マーラー アダージェット~交響曲第5番より
マーラー(ゴットヴァルト編) 「夕映えに」
ドビュッシー 「海」~3つの交響的素描

第600回 2017年6月9日(金)19:00/6月10日(土)14:00

マックス・ポンマー(指揮)

モーツァルト 交響曲第39番
モーツァルト 交響曲第40番
モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」

第601回 2017年7月7日(金)19:00/7月8日(土)14:00

秋山和慶(指揮)
神尾真由子(ヴァイオリン)

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィチ 交響曲第5番

第602回 2017年8月25日(金)19:00/8月26日(土)14:00

ユベール・スダーン(指揮)
札響木管首席奏者

ベートーヴェン 序曲「レオノーレ」第3番
モーツァルト 協奏交響曲
フランク 交響曲

第603回 2017年9月22日(金)19:00/9月23日(土)14:00

下野竜也(指揮)
宮田大(チェロ)

スッペ 喜歌劇「ウィーンの朝・昼・晩」序曲
グルダ チェロと吹奏楽のための協奏曲
ブルックナー 交響曲第1番(ウィーン版)

第604回 2017年10月27日(金)19:00/10月28日(土)14:00

ラドミル・エリシュカ(指揮)

スメタナ 歌劇「売られた花嫁」序曲
ドヴォルジャーク チェコ組曲
ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」

第605回 2017年12月1日(金)19:00/12月2日(土)14:00

マックス・ポンマー(指揮)
針生美智子、富岡明子、櫻田亮、久保和範、札響合唱団

J.S.バッハ クリスマス・オラトリオより第1,2,5,6カンタータ

第606回 2018年1月26日(金)19:00/1月27日(土)14:00

マックス・ポンマー(指揮)
小菅優(ピアノ)

ラウタヴァーラ 鳥と管弦楽のための協奏曲「極北の歌」
モーツァルト ピアノ協奏曲第24番
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」

第607回 2018年2月23日(金)19:00/2月24日(土)14:00

尾高忠明(指揮)

武満徹 「乱」組曲
武満徹  ファンタズマ/カントス
武満徹  遠い呼び声の彼方へ!
武満徹  弦楽のためのレクィエム
武満徹 「系図」-若い人たちのための音楽詩


来年の札響東京公演は名誉指揮者エリシュカ氏で

コンサート情報・予定
11 /10 2016
来年3月に予定されている札響の東京公演は名誉指揮者ラドミル・エリシュカさんが指揮します。チケットの発売は11日からだそうです。

会場は東京芸術劇場のようですが、これは例年会場となっているサントリーホールが開館30年をむかえ大規模改修のため休館するからですね。曲目と日時は以下のとおり。4年がかりのブラームス交響曲ツィクルスの最終回となる3月定期と同じプログラムです。

■ 札幌交響楽団 東京公演2017

 メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」
 シューベルト 交響曲第5番
 ブラームス 交響曲第1番

 2017年3月14日(火)19:00~
 東京芸術劇場大ホール

今年3月の東京公演(チャイコフスキー第4番ほか)は楽屋に引き上げ、燕尾服を脱いだマエストロ・エリシュカが再びステージに呼び戻されるほど盛況だったとのことです。東京にもエリシュカファンがいるのですね。


600回記念定期はモーツァルト

コンサート情報・予定
10 /19 2016
先日の札響定期演奏会のプログラムに2017-18年シーズンの年間プログラムの速報が載っていました。それによると6月の第600回定期演奏会は首席指揮者ポンマーさんによるモーツァルトの後期三大交響曲(39番、40番、41番「ジュピター」)とのこと。

う~む、500回記念定期(マーラー「復活」)の例から、札響合唱団も加わる大曲かなと思ったのですが意外でした。まあ、曲は偉大な傑作なのでふさわしいかとは思いますが、やはり華やかさもほしかったなあというのが本音ですね。