オーケストラHARUKA 第14回演奏会

コンサート(その他)
05 /06 2017
DSC04374.jpg
■ オーケストラHARUKA 第14回演奏会

 ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー
 ガーシュウィン パリのアメリカ人
 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 作品47

 三河正典(指揮)
 佐野俊司(ピアノ)

 2017年5月6日(土)13:30~
 札幌コンサートホールkitara

アマチュアオーケストラの演奏会を聴きに行ってきました。

「ラプソディー・イン・ブル」ーのピアノソロを弾いた佐野さんは現在、医学部の学生さんとのことですが、幼少期よりピアノを始められ、プロの方にも師事されているようで、コンクール受賞歴やアマオケとのコンチェルト共演歴なども豊富。素晴らしい演奏で聴衆を魅了していました。オーケストラではピアノに呼応する管楽器が好調でしたね。

「パリのアメリカ人」は中間部分のトランペットのソロがgood!。オーケストラは快活な部分はもちろん、静かな部分の合奏の合わせにもじっくり時間をかけて仕上げた印象です。

ショスタコーヴィチの「第5」は、弦楽器は第3楽章、管楽器は両端楽章でかなりの腕前が必要となる難曲かと思いますが、迫力もありましたし、なかなかの健闘ぶりだと感じました。各楽器の中ではフルートのソロがすごく良かったですね。

意欲的なプログラミングだと思いますが、管楽器に負担がかかっていたようにも感じられました。この辺りはアマオケの選曲の難しさでしょうか。



スポンサーサイト

ロメウス弦楽四重奏団 第3回演奏会

コンサート(その他)
03 /01 2017
3月は初っ端からコンサートです。札響現役団員の物部さん、廣狩さん、客演奏者の坪田さん、元コンマスの市川さんによるカルテットを楽しんできました。

■ ロメウス弦楽四重奏団 第3回演奏会

 ボロディン 弦楽四重奏曲第2番 ニ長調
 ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 作品127

 市川映子(第1ヴァイオリン)、坪田規子(第2ヴァイオリン)
 物部憲一(ヴィオラ)、廣狩理栄(チェロ)

 2017年3月1日(水)19:00~
 北海道立文学館


前半はボロディンの2番。第4楽章だけはなぜか少々理屈っぽいけど、第1楽章や第3楽章などとてもロマンティックな佳曲です。奥さんに献呈されたのですね。曲中にしばしば現れる第1ヴァイオリンとチェロの掛け合いは会話のようだなあと聴いていて感じ入りました。

後半はベートーヴェンの12番。14年間のブランクの後に作曲した最初のカルテットで「後期」のスタートを飾る作品のようです。プログラムにも「作曲時は第9交響曲やピアノソナタ30~32番の作曲時期とほぼ重なり、大変充実した曲になっている」とありましたが、全楽章で一番長い第2楽章の美しさ、音の立体感と迫力の終楽章など生で聴いてホントそう感じました。演奏も第1回の時に物部さんが「このカルテットではベートーヴェンをやりたい」とお話されていたように、前半以上に気合の入った素晴らしい演奏でした。たった4人で繊細な弱音から圧倒する大迫力まで表現できるカルテットの面白さを感じました。終演後、一緒に聴きに行った友人は「シンフォニーのようだ」と呟いていました。

アンコールはハイドンの弦楽四重奏曲第38番「冗談」からスケルツォが演奏されました。

最後に今回のコンサートにあたって、ボロディンはシュトイデ弦楽四重奏団、ベートーヴェンは上海カルテットのディスクで予習したことを書いておきます。


遠藤真理 チェロリサイタル

コンサート(その他)
12 /11 2016
DSC_1850201612111803.jpg
■ 遠藤真理 チェロリサイタル
 
 ベートーヴェン モーツァルト『魔笛』の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲
 ウェーベルン 2つの小品
 ウェーベルン 3つの小品
 ベートーヴェン チェロソナタ第5番
 ラフマニノフ チェロソナタ

 遠藤真理(チェロ)、菊池洋子(ピアノ)

 2016年12月11日(日)14:00~
 ふきのとうホール


昨日の記録的な大雪の雪かきを終え、午後は遠藤さんのチェロを聴きに行ってきました。札響定期がない12月の楽しみだったので、大雪の影響で公演中止にならならくて良かったです。チケットも完売だった模様。

NHK-FM「きらクラ!」のパーソナリティでもあるチェロの遠藤真理さんは、2003年の日本音楽コンクール第1位のほか、コンクール上位入賞の経歴をお持ちで、リサイタルや国内主要オケとも共演なさるなど着実にキャリアを重ねてらっしゃるようです。

ピアノの菊池洋子さんも2002年のモーツァルト国際コンクールで優勝して以降、リサイタル、オーケストラとの共演、室内楽、音楽祭への出演など精力的にご活躍とのことです。

さて、遠藤さんは緑を基調としたドレス、菊池さんは白いドレスでご登場。室内楽専用の221席のふきのとうホール、今回は前から2列目に陣取ったこともあって、演奏が始まると遠藤さんの息遣いや、菊池さんとお互い見合って呼吸を合わせるところなど、臨場感たっぷり味わえました。

プログラムの中ではやはりメインのラフマニノフが良かったですね!。いい曲ですし、ここ1か月ぐらいハインリヒ・シフの演奏で予習していましたが、やはりライヴは別格です。小柄な遠藤さんから繰り出されるスケールの大きくて情熱的な演奏は圧巻でした。お見事!。ブラヴォーが盛大にかかり、聴衆の拍手に包まれる中、お二人もお互いに拍手を贈り合い、なんとも充実した演奏会という雰囲気でした。

アンコールの前に遠藤さんからお話がありました。なんでも土曜は一日中羽田空港にいたような状態で、札幌入りしたのは深夜0時を超えていたとのこと。そして、あとは今日このあと帰れるかどうか・・・とユーモアのあるコメント。

アンコールは、ラフマニノフのヴォカリーズと、サン=サーンスの白鳥の2曲が披露されました。どちらもしっとりとした良い演奏でした。悪天候の中、札幌に来てくれてありがとうという気持ちになりました。


ふきのとうホール夏のフェスティバル2016 「モーツァルト協奏曲の愉しみ」を聴く

コンサート(その他)
08 /11 2016
本州の猛暑・酷暑を尻目に、札幌の今朝は肌寒いぐらいの18度、日中の最高気温は29度、そして夕方には23度ほどと、ほどよく夏らしい日でした。

そんな山の日、コンサートに行ってきました。

■ふきのとうホール夏のフェスティバル
  第1日 モーツァルト協奏曲の楽しみ

 モーツァルト アダージョとフーガ ハ短調 K.546
 モーツァルト ピアノ協奏曲 第9番 変ホ長調 K.271「ジュノーム」
 モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

 ゴットリープ・ヴァリッシュ(ピアノ)
 マリオ・カローリ(フルート)
 吉野直子(ハープ)
 神戸市室内合奏団

 2016年8月11日(木・祝)16:00~
 ふきのとうホール

DSC_1638201608112050.jpg

ふきのとうホールは札幌駅前に昨年誕生したばかりの221席の室内楽専用ホール。行くのは今回が初めてです。

さて、コンサートは音楽監督である岡山潔氏によるご挨拶と楽曲解説に引き続き、アダージョとフーガからスタート。

1981年創設の神戸市室内合奏団は4-4-3-2-1という編成。プログラムによると98年にゲルハルト・ボッセ氏を音楽監督に迎え、演奏・芸術水準を上げたとありますが、聴いてみて納得。バランスの整った綺麗なアンサンブルでした。

2曲目は「ジュノーム」。ホルン2、オーボエ2が加わります。

ピアノのヴァリッシュさんは、6歳でウィーン国立音楽大学英才クラスに入学、12歳で学友協会大ホールデビュー、ウィーンフィルとも共演歴があるとのことです。若々しく推進力に満ち溢れた演奏だったと思いますが、個人的にはもう少しテンポを落として、細かな音の装飾を楽しみたかったです。

アンコールにはシューベルトのハンガリー風のメロディが演奏されました。

休憩後はフルートとハープのための協奏曲。

フルートは22歳でダルムシュタット現代音楽祭で「クラーニッヒシュタイナー音楽賞」を受賞後、欧州を中心にご活躍だというイタリア生まれのカローリさん。ポリーニ氏やパユ氏から「偉大な表現者」と認めらている実力者のようです。

聴いてみると、こちらは大満足!。カローリさんは全身を使って、大きく、感情豊かな吹奏です。ハープの吉野さんも第一人者だけあって自信に満ち溢れた演奏で、両者の息がぴったりあった華やいだ演奏会になりました。

この曲は生で聴くのは2度目ですが、今回は前方席で聴いたことで奏者の表情や息遣いまでもがリアルに感じられ、前回を上回る良い印象が残りました。

アンコールは両者によりフォーレのシシリエンヌが演奏されました。カローリさん、ここではしっとり静謐な表現。良かった!。


オルガン ウィンターコンサートを聴く

コンサート(その他)
02 /07 2016
娘と一緒にワンコイン、1時間のコンサートに行ってきました。

会場に着いてびっくり。全席自由なのもあって開場前から長蛇の列。チケットは完売だそうで、当日券目当てで来た人が残念そうに帰る姿も。盛況なことは何よりなのですが。


■ オルガン ウィンターコンサート

1.クラーク トランペット・ヴォランタリー
2.J.S.バッハ ピエス・ドルグ BWV572
3.シューベルト アヴェ・マリア
4.J.S.バッハ トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
5.ダマーズ トランペットとオルガンのための3つの無言の祈り
6.アラン 間奏曲
7.ヘンデル 組曲ニ長調

オルガン:ジョン・ウォルトハウゼン
トランペット:福田善亮(札響首席奏者) *1,3,5,7

2016年2月7日(日)15:00~
札幌コンサートホールkitara



席は2階のオルガンの近くにしてみました。オルガニストの指や足の動き、福田さんの息継ぎの音なんかも臨場感豊かに味わえました。

DSC_153620102071732.jpg

さて、ウォルトハウゼンさんは1991年ニューヨーク生まれの第17代のkitara専属オルガニスト。パリで研鑽を積まれた後、古楽の研究もなされているようです。国際的なオルガンコンクールで複数回1位を獲得という実力派ですね。

トッカータとフーガは、荒々しさを感じさせるぐらい勢いのある即興的な演奏に思えました。

とはいってもやはり今回はトランペットとのコラボが魅力です。オルガンとトランペットはよくあいますね。素晴らしい音色がホールに響き渡ります。

ピッコロを使ったクラークやヘンデルの華麗で祝祭的な響きよりは、B♭管を使ったアヴェ・マリアやダマーズの穏やかで抒情を湛えた演奏の方に心惹かれるものがありました。

演奏の終わりにはお二人のご挨拶がありました。1月の終わりに松本市でこのデュオでリサイタルを行ったとのこと。新千歳と松本の間には直行便もあるようで、是非、夏の羊ケ丘展望台で羊を見ながらジンギスカンを!と話されてきたとのことです。そして、この話のテーマ曲だというJ.S.バッハの「羊は安らかに草を食み」がアンコールで演奏されコンサートはお開きになりました。