ムーティ/VPO モーツァルト 交響曲第25番

聴いている音楽
09 /17 2017
リッカルド・ムーティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。PHLIPSの1996年の録音。

とにかくウィーン・フィルの素晴らしい合奏能力を堪能できる演奏かなと思います。ムーティの指揮は、特に第1楽章でのオーケストラをぐいぐい推進させていく彼らしい音楽づくりに惹かれますし、第4楽章のややテンポを抑えて勢いだけでない丁寧な演奏を目指しているようなところも好ましく感じます。

忘れてはならないのが短調の楽章の合間の第2楽章。まさに極上の音楽ですね。

今は晴れている札幌。明日は台風の影響で激しい雨風が予想されています。


スポンサーサイト

ブーレーズ/クリーヴランド管 ストラヴィンスキー「春の祭典」

聴いている音楽
09 /09 2017
DSC04513201709091324.jpg
ピエール・ブーレーズ指揮、クリーヴランド管弦楽団の演奏。DGの1991年の録音。

今思えば、カラヤン、バーンスタインという看板を失ったからでしょうか、この頃はとにかくブーレーズの録音が多かったような。ベルリオーズ、マーラー、ドビュッシー、ラヴェル、バルトーク・・・。

聴き手を興奮させるようなスリリングな感じは少ないものの、隅々まで完璧なまでにオーケストラを統率した明晰な演奏だと感じます。録音だとついつい聴きながしてしまいがちな第2部の冒頭の緻密な音楽や、終曲の冷静なリズムの進行もこのディスクを聴くときの楽しみです。



コープマンのJ.S.バッハ オルガン作品集

聴いている音楽
09 /02 2017
今朝の新聞に8月の札幌は14年ぶりに真夏日が一日もなかったとありました。確かに涼しい夏だった気がします。

音楽鑑賞、9月はオルガンからスタート。トン・コープマンの演奏によるJ.S.バッハのオルガン作品集を聴いていました。

DSC04512201709020905.jpg
1. トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
2. トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
3. パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
4. トッカータとフーガ ニ短調 BWV538『ドーリア調』
5. トリオ・ソナタ第1番変ホ長調 BWV525
6. コラール『目覚めよ!と物見らの声がわれらに呼ばわる』BWV645
7. コラール『イエスよ、いまぞ汝御空より降り来りて』 BWV650

1~4は1983年6月、マーススライス大教会(オランダ)、5~7は1982年5月、アムステルダム、フランス改革派教会のオルガンです。

トリオ・ソナタのアダージョ。いいですね。今の札幌は曇天、18度。明日は台風も来そうで、物憂い週末の札幌にしっくりくる音楽です。


ブレンデル(Pf)のシューマン ピアノ協奏曲

聴いている音楽
08 /23 2017
夏のぶり返しでしょうか。今日は真夏日一歩手前でした。暑かった。

音楽はシューマンのピアノ協奏曲イ短調作品54を聴いています。アルフレッド・ブレンデルの独奏、クルト・ザンデルリンク指揮、フィルハーモニア管弦楽団によるもの。1997年録音のPHILIPS盤です。ジャケットのブレンデルの表情が随分シブいのが印象的です。

演奏はピアノ、オーケストラともにキラキラとした感じはなく、ややゆっくり目のテンポと思われますが、落ち着いた味わい深い演奏に感じます。ただ、重苦しさはなく、フィルハーモニア管の響きはやや軽めといった感じに思えました。


小澤/BPO プロコフィエフ 「古典」&第6番

聴いている音楽
08 /19 2017
小澤征爾指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるDGのプロコフィエフ交響曲全集から第1番「古典」と第6番を聴いていました。第1番は89年フィルハモニー、6番は91年ベルリン・イエスキリスト教会での録音のようです。

第1番は全体的におそらくゆっくり目のテンポでしょうか、勢いで流してしまうだけでなく、隅々まで楽器の重なり具合がわかるようなクリアの演奏かと思います。特に第2楽章の緻密さからは、今まで味わったことのない面白さを感じました。good!。

第6番も秀演ですね。以前に小澤さんのプロコフィエフはフランス音楽のように聴こえると書きましたが、6番ってこんなにいい曲だったかなという印象。第1楽章ではオーボエやホルンに哀愁を感じるとてもいい旋律が出てきます。結構難しいフレーズかと思いますが、ベルリンフィルの管楽器は安定した全く隙のない演奏で、音楽の素晴らしさにだけ無心に浸ることができました。

今日の札幌は気温26度ほどで爽やかな夏日になっています。