カラヤン/VPO ブルックナー第8

聴いている音楽
02 /18 2018
昨日に引き続きカラヤンの録音を聴いていました。最晩年の88年にDGに入れたブルックナーの第8交響曲です。

金管、特にトランペットの突出した吹奏が気になる部分もありますが、全体的にはカラヤン渾身の指揮にウィーン・フィルがしっかり応えた迫力満点の演奏。そして、第3楽章は「美しすぎる」の一言!。他の追随を許さないものと感じます。実はしばらくの間、この演奏とは距離を置いていたのですが、時間が経って、しっくりくるというのもあるものですね。

11時の気温はマイナス6度ほど。寒さが続く札幌です。

DSC0458020180218.jpg


スポンサーサイト

カラヤン/BPO 交響詩「フィンランディア」

聴いている音楽
02 /17 2018
複数録音があるカラヤンのフィンランディア。その中から84年のDGへの録音を聴いていました。北欧音楽のひんやりとした肌ざわりはあまり感じませんが、ゴージャスにオーケストラを鳴らして、堂々とした風格があり、かつ自然。文句なしに雄大な音楽に浸り、高揚感が味わえる良い演奏!。

このディスクには、このほかトゥオネラの白鳥、悲しきワルツ、交響詩「タピオラ」が収められていますが、これらもオーケストラの上手さとも相俟って素晴らしい演奏だと思います。


ヤルヴィ/フランクフルト放送響 ブルックナー第2

聴いている音楽
02 /09 2018
DSC0457920180209.jpg

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、フランクフルト放送交響楽団の演奏によるブルックナーの交響曲第2番ハ短調を聴いていました。2011年3月の演奏会のライヴ録音です。版は「1877年第2稿(ノヴァーク~キャラガン版)」となっています。

N響定期でも取り上げており、クラシック音楽館でも放映されました。インタヴューで「スウィング」という言葉を多用していたのが印象に残っています。確かにこの演奏でも、厚く重々しいイメージとは違う、ライトでリズミカル・爽やかで瑞々しいブルックナーに仕上がっていると思います。オーケストラは各楽器の力量もなかなかだと思いますが、もう少し弦に温かみがあれば最高ですね。

それにしてもブルックナーの初期のシンフォニーは独特の魅力があって好きですね。中期・後期に聴き飽きたころに定期的にマイブームが訪れます。


サロネン/LAP ドビュッシー 管弦楽のための「映像」

聴いている音楽
12 /29 2017
今冬の札幌は寒い日が多いですが、幸いにも積雪は少なく、雪かきもそれほど大変ではなく助かっています。新千歳空港が大混乱に陥るということもないようで、このまま年末年始も行ってくれるといいですね。

さて、音楽はエサ=ペッカ・サロネン指揮、ロサンジェルス・フィルハーモニックの演奏で、ドビュッシーの管弦楽のための「映像」を楽しんでいました。1996年・ソニーへの録音。

DSC04571201712291037.jpg

きっちり統率されたアンサンブルと透明感のあるサウンドに加え、管楽器の個々のプレイヤーの力量もあるようで、聴いていて素直に「上手いなぁ」と感じました。ドビュッシーが楽譜に込めた情景や印象のイメージが音となって自然に耳に入って来る演奏は本当に気持ちのいいものがあります。

1992年から2009年まで音楽監督にあったサロネンとLAPのコンビは任期後半にはとても評価が高かったと記憶しています。現在は桂冠指揮者の称号を得ているようですね。


プレヴィン/VPO ドヴォルザーク スラヴ舞曲集

聴いている音楽
12 /09 2017
現在積雪30センチほどの札幌。今年は寒いですね。11月下旬から真冬日が10日も。今日も最低-9度、最高-0.9度でした。

さて、最近、通勤時を中心に聴いているのはプレヴィンのスラヴ舞曲集。

ボヘミア、ウクライナ、スロヴァキアなどの民族舞曲を素材に作り上げたドヴォルザークの出世作ですが、プレヴィン盤は舞曲の快活さにエレガントな歌を加え、都会的で洗練された仕上がりになっていると思います。弦の美しさは作品72の第2番ではもちろんのこと、全16曲の最後同第8番でのこぼれ落ちるようなニュアンスなど、聴くたびに、はっとします。

このコンビのディスクは、これまでもいくつかブログに書いてきましたが、相性がぴったりなんでしょうね。素晴らしいの一言です。