五嶋龍のチャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲

聴いている音楽
08 /04 2017
DSC04474.jpg
最近聴いている音楽は五嶋龍さんのヴァイオリン独奏、アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮、フランクフルト放送交響楽団によるによるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35です。グラモフォンの2015年ラインガウ音楽祭におけるライヴ録音です。

先月札響定期に客演してくれた神尾真由子さんのように目いっぱいヴィブラートをかけ、大輪の花咲くように歌い上げる感じではなく、都会的、知的、スマート、クールという単語が頭に浮かぶような印象の演奏です。そして、フレーズひとつひとつをとても大切に演奏されているようで、心に十分染みました。今週の通勤の音楽にしていましたが、すごく良かったです。

オロスコ=エストラーダの指揮も独奏ヴァイオリンと同様の印象です。録音の加減かもしれませんが、随所に出てくるオーボエ、フルート、クラリネットといった木管がとてもよく聴こえてきて、それがまたいい音なんですよね。生き生きと存在感があって、演奏に潤いを与えているようです。

さて、本日はこのブログの誕生日。4年が経ち5年目に入ります。たいしたことを書いているわけでもないのに、ご覧いただいている方には感謝申し上げます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

祝4周年

sankichi1689さん、おはようございます。

ブログ4周年、おめでとうございます。僕もsankichi1689さんと同じく2013年からブログを始めた同期(笑)です。これからもぼちぼち続けていきましょう!

五嶋龍さん、ヴァイオリンの天才にしてハーバードの物理学科卒、空手有段者でハンサムって、なんと不公平な!日本人離れした若者ですね。これからますます活躍してほしいです。

Re: ばけぺん様へ

こんばんは
そうです、4年も経ってしまいました。そして、ばけぺんさんとは「同期」ですね。ばけぺんさんの精力的なレビュー記事を見ると、当方恥ずかしい限りなのですが、これからもボチボチやっていきますので、よろしくお願いします。
五嶋龍さんは、仰るとおり人間としても面白いというか興味が尽きないというか、そういうものが今後ますます音楽に滲み出ていくような気がして愉しみなのです。
コメントありがとうございました。

No title

 祝! ブログ4周年。何にしても、継続されているということに敬意を表します。そして、立ち寄り、楽しませていただく者としては、深く感謝申し上げます。自分自身の音楽ライフの向上にもつながっています。
 五嶋龍さんのヴァイオリンは、この3月、当方片田舎にインバルさん+ベルリンコンツェルトハウスと一緒に来た時、メンデルスゾーンのコンチェルトの演奏を聴きました。おっしゃる通りで、「都会的、知的、スマート、クール」という表現がぴったりの爽快な演奏でした。終演後の笑顔も印象的でした。
 今年当初、北海道旅行+札響鑑賞という計画を目論んでいたのですが、どうやら頓挫しそうです。残念ですが、また来年以降、考えます。まだまだチャンスはあるので佳いのですけれど。
 

Re: バルビ様へ

こんばんは。
いつもご訪問いただきありがとうございます。敬意だなんてもったいないお言葉。ダラダラとなんとなく続いているのは自分の性に合っているのでしょう。

五嶋龍さんは私も生で一度聴かせていただきましたが、やはり知性を感じさせるいい演奏でした。メンコンも良さそうですね^^
北海道の夏は爽やかでいいですよ。機会があったら是非おこしください。この時期はkitaraにもゴロゴロとキャリーカートを引いた旅行者も目につきます。

増々楽しみな龍さんですね!

もう、4年が過ぎたのですね。早いものですね。
素直で自然体なsankichi1689さんのブログにはいつもホッとさせてもらってます。
最近は何周年とか振り返りもせず惰性にまかせておりましたが
実は私もsankichi1689さん、ばけぺんさんと同期で5年目に入っておりました。(^^)

Re: akifuyu102様へ

こんばんは
いやぁ、ホント五嶋さんの成長楽しみです!。
さてさて、自分自身がダラダラ書いているものでホッとしてくれる人がいるとはなんとも嬉しいです。私自身もakifuyu102さんはじめ、多くの人のブログで楽しませてもらっています。
akifuyu102さん、ばけぺんさん、ともに5年目組ですね。これからもどうぞよろしくお願いします^^