ツィマーマン(Pf) グリーグ ピアノ協奏曲

聴いている音楽
04 /02 2017
4月に入りましたが札幌は積雪がまだ30センチ弱もあります。日陰はまだ結構な高さの雪山もあって、なんだか気温以上にひんやりして悲しいのですが、朝日の入る角度や日の長さからは春は感じられます。

東京の桜が満開になったとニュースでやっていましたが、札幌にはGWには満開になってくれるといいのですが。

さて、この春は転勤はありませんでしたが、セクションの異動で残務整理やら引継ぎをやっているうちに、新たな部署での仕事も徐々に引き受け、そしてその間にも怒涛の送別会ラッシュと慌ただしくしているうちにブログも少し放置状態になってしまいました。

といっても、通勤時間や休み時間には音楽は欠かせません。春なのにグリーグです。クリスティアン・ツィマーマンのピアノ、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリンフィルの演奏をここしばらく聴いていました。DGの1981~1982年の録音です。

カラヤンのいかにもドイツ風の重厚な味わいのオーケストラに、一歩も引けをとらないスケール感たっぷりのピアノは聴きごたえがあります。また、第2楽章の抒情的な演奏も格別です。目を閉じて聴いていると、明るく眩しい雪景色にキラキラとしたピアノの音が降ってくるようです。

70を超えたカラヤンと20代半ばのツィマーマン。ジャケットのツーショット写真も素敵な一枚です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

好きでした

グリーグのピアノコンチェルト。
カッコイイですよねぇ。
以前は凄く好きでしたが、そのうち何となく・・・(笑)。
でも、1楽章冒頭の一小節で北欧の情景が見えてくるようです。
廻りくどいけど、結局今も好きに変わりはありません。

Re: MK様へ

こんばんは
返信がすっか遅くなりすいません。
深み云々は色々言われますが、これだけの空気感を一瞬で出せるのはスゴイですよね。私もすっかり聴く機会は減りましたがすきです^^/
コメントありがとうございます。

なつかしいグラモフォンのジャケット!

これ、懐かしいジャケットですね!

グリーグの演奏は、まさに「巨匠の演奏」という雰囲気に溢れていて、グリーグのこのピアノ協奏曲の
決定的名演の一つだと間違いなく思います。

だけど解釈を変えて聴いてみると、カラヤンという巨匠先生から
「ここはこのように弾きなさい」と言われて、巨匠風の型を押し付けられているちょっと硬い演奏のようにも
聴こえたりもします。
時々、当時20代のツィマーマンが「自分はこんな感じに弾きたい」と青年の主張らしきものをしている箇所も
散見され(特に第三楽章)
その辺りは大変面白いものがあると思います。

もしも今現在のツィマーマンがパーヴォ=ヤルヴィの指揮でこの曲を弾いたらどんな感じに
なるのでしょうかね・・? (笑)

Re: ぬくぬく先生さまへ

こんばんは
ジャケット写真懐かしいですか。喜んでいただけて良かったです^^
確かに巨匠カラヤンの意地みたいな部分があって、ソリストが窮屈そうな感じは受けますね。こうした共演を経て真の巨匠ピアニストになったんですねツィマーマンは。ヤルヴィとやったら、そうですねぇ、どんな感じでしょうかね。
コメントありがとうございました。