札響第599回定期 ホリガー指揮 ドビュッシー「海」ほか

コンサート(札響)
05 /20 2017
■ 札幌交響楽団第599回定期演奏会

 シューマン ミサ・サクラ ハ短調 op.147*
 マーラー アダージェット ~交響曲第5番より
 マーラー(ゴットヴァルト編)  「夕映えのなかで」 ~無伴奏合唱のための*
 ドビュッシー 「海」 ~3つの交響的素描

 ハインツ・ホリガー(指揮)
 ラトヴィア放送合唱団*
 札幌交響楽団

 2017年5月20日(土)14:00~
 札幌コンサートホールkitara

前半のミサ・サクラは名前すら初めて聞く曲で、正直眠くてしょうがなかったのですが、後半のマーラーでプログラムの妙とラトヴィア放送合唱団の素晴らしい歌声を堪能できました。

マーラーの「夕映えのなかで」は、交響曲第5番のアダージェットに18世紀ドイツの詩人アイヒェンドルフの詩を付けて2008年に16声の無伴奏合唱に編曲したもの。要するに同じ曲を器楽でやった後に合唱でやるというプログラムで、これはなかなか面白いと思いました。

ラトヴィア放送合唱団は総勢24名のようでしたが、ハーモニーの美しさはもとより、弱音のコントロールなどで個の実力を感じました。消え入るように歌声がホールからなくなり、しばしの沈黙の後、盛大なブラヴォーがかかっていました。良かった!。

一方の札響ですが、「海」がなぜか心に響いてきませんでした。ホリガーさんの指揮もどこか単調な印象もありましたし・・・。もっとも、自分自身もシラカバの花粉症だと思われる目のかゆみなどの症状があって、体調が思わしくなかったことも大いに影響していると思いますが。

また、今回の演奏会は、前半のミサ・サクラが45分もある曲だったこともあり、通して2時間15分ぐらいになりましたが、自分はやはり2時間以内に収めるのがいいのではと思った次第。まあ、今回はラトヴィア放送合唱団を聴けたということで良しとしましょう。

札響定期も599回まできました。次回は記念すべき600回です。


スポンサーサイト

N響とKBS響

音楽
05 /14 2017
5月8日(月)~12日(金)のNHK-FM「ベスト オブ クラシック」は「世界のオーケストラ」と題して、普段あまり録音や来日公演のないオーケストラの特集が組まれました。登場したのは、ウクライナ国立フィル、ギリシャ国立響、エストニア国立響、オークランド・フィル(ニュージーランド)、KBS響(韓国)の5団体。

このうちKBS響の放送を少しだけ聴けました。尾高忠明さんの指揮で2016年4月の演奏会の模様で、曲目は諏訪内晶子さんの独奏によるベートーヴェンのヴァイオリン・コンチェルトと尾高さんお得意のエルガーの交響曲第1番。

聴けたのはエルガーの第2楽章以降でしたが、上手いと思いました。第3楽章で哀しみを湛えた弦の響きやクラリネットのソロ、そして第4楽章での情熱的な終結部など聴きごたえがありました。比較的冷静な印象の尾高さんの指揮の下での演奏ということにも面白さを感じました。

一方、N響はというと5月13日(土)に生中継された第1860回定期公演Aプロの様子。ピンカス・スタインバーグさんの指揮でスメタナの連作交響詩「わが祖国」。こちらも聴けたのは後半の3曲のみでしたが、「ボヘミアの森と草原から」でのホルンの美しいこと!。「ターボル」、「ブラニーク」での金管の力強い吹奏。全体的にはN響らしい節度を感じさせるものでしたが、本格的な演奏ですごく良かったですね。管の世代交代でN響は今や盤石とも言える印象を持ちました。


ブーレーズ/クリーヴランド管 マーラー「夜の歌」

聴いている音楽
05 /12 2017
ピエール・ブーレーズ指揮、クリーヴランド管弦楽団の演奏で、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」を聴いていました。グラモフォンの1996年の録音です。

久しぶりにディスクを引っ張り出して聴いてみましたが、発売当時、この複雑難解な大曲を相手にオーケストラを巧みに操り、冷静かつ理路整然と鳴らしていくブーレーズの演奏に心底驚き、感心したのを思い出しました。今聴いても印象は色褪せていませんね。

90年代にはいってクリーヴランド管のグラモフォンへの録音が増えて、デッカへの録音とは違う温かみを感じて新鮮に思ったことも懐かしいです。


オルフェウス室内管 チャイコフスキー「弦楽セレナード」

聴いている音楽
05 /07 2017
大型連休最終日は朝から晴れ。ただ気温は低めで早朝は10度を切りました。そんな中、オルフェウス室内管弦楽団の演奏によるチャイコフスキーの弦楽セレナードハ長調作品48を聴いていました。DGの1986年の録音。

都会的、スタイリッシュという形容がぴったりなオルフェウス。このディスクでもすっきりスマートで洗練されたチャイコフスキーを聴かせてくれています。アンサンブルの精度がとてもいいですね。素晴らしいと思います。

カップリングにはグリーグの「ホルベルク組曲」と「2つの悲しき旋律」も収められていますが、前者の透徹した響きは、曲が始まったとたん北欧のひんやりとした空気感を伝えていて、自分の中では昔初めてきいた演奏がこれなので、デフォルトとなっています。


オーケストラHARUKA 第14回演奏会

コンサート(その他)
05 /06 2017
DSC04374.jpg
■ オーケストラHARUKA 第14回演奏会

 ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー
 ガーシュウィン パリのアメリカ人
 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 作品47

 三河正典(指揮)
 佐野俊司(ピアノ)

 2017年5月6日(土)13:30~
 札幌コンサートホールkitara

アマチュアオーケストラの演奏会を聴きに行ってきました。

「ラプソディー・イン・ブル」ーのピアノソロを弾いた佐野さんは現在、医学部の学生さんとのことですが、幼少期よりピアノを始められ、プロの方にも師事されているようで、コンクール受賞歴やアマオケとのコンチェルト共演歴なども豊富。素晴らしい演奏で聴衆を魅了していました。オーケストラではピアノに呼応する管楽器が好調でしたね。

「パリのアメリカ人」は中間部分のトランペットのソロがgood!。オーケストラは快活な部分はもちろん、静かな部分の合奏の合わせにもじっくり時間をかけて仕上げた印象です。

ショスタコーヴィチの「第5」は、弦楽器は第3楽章、管楽器は両端楽章でかなりの腕前が必要となる難曲かと思いますが、迫力もありましたし、なかなかの健闘ぶりだと感じました。各楽器の中ではフルートのソロがすごく良かったですね。

意欲的なプログラミングだと思いますが、管楽器に負担がかかっていたようにも感じられました。この辺りはアマオケの選曲の難しさでしょうか。